エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームBEST SMILE(ベストスマイル)バックナンバー一覧バックナンバー web de 健康はココカラ › 平成30年12月「バスでおでかけ♪障がい者(児)1日社会見学」


ここから本文です。

平成30年12月「バスでおでかけ♪障がい者(児)1日社会見学」

ID番号 K27126更新日 平成30年12月1日

バスでおでかけ♪障がい者(児)1日社会見学

今月は、10月13日に行われた「障がい者(児)1日社会見学」をご紹介します。

「障がい者(児)1日社会見学」とは

社会見学は、市内在住の身体障害者手帳や療育手帳、精神保健福祉手帳を持っている方(児)を対象に、社会福祉課が主催で毎年行っている行事です。今年の社会見学は、可児市の「花フェスタ記念公園」と、美濃加茂市の「ぎふ清流里山公園(旧日本昭和村)」に行きました。障がい者(児)とその家族、福祉事業団の方、民生委員の方など80人の皆さんが参加しました。

「花フェスタ記念公園」を満喫!

この日は晴天に恵まれ、絶好のお出かけ日和でした。最初に訪れた花フェスタ記念公園には、テーマごとにさまざまなバラ園があり、世界最大級のバラ園をもつことで有名です。
最も美しく鑑賞できるバラの見ごろは10月下旬で、訪れたときは見ごろより少し早い時期でしたが、参加者は普段なかなか見ることのできない珍しい品種や世界各国のバラの色や香りを楽しんでいました。公園内には室内展示や展望台、レストランなどもあり、花を観賞するだけでなく、食事をしたり写真を撮ったりして、公園散策を楽しんでいました。

花フェスタ記念公園の写真

花フェスタ記念公園の写真

花フェスタ記念公園の写真

花フェスタ記念公園の写真

その後の「ぎふ清流里山公園」では…

花フェスタ記念公園に行った後は、ぎふ清流里山公園(旧日本昭和村)に向かいました。広い敷地内には遊び場や体験工房、動物とのふれあいコーナーなどがあり、参加した皆さんは園内を散策し、お土産を買うなどして充実した時間を過ごすことができました。

障がい者(児)1日社会見学を振り返って

当日はトラブルもなく、参加者全員が無事に帰ってくることができました。参加者からは「また来年も参加したい」との声がありました。来年の社会見学も開催予定ですので、楽しみにしていてください。

このページに関するお問い合わせ

社会福祉課
電話:058-383-1252
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。