エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームBEST SMILE(ベストスマイル)バックナンバー一覧バックナンバー We Love! 学校 › 平成30年5月「桜丘中学校」


ここから本文です。

平成30年5月「桜丘中学校」

ID番号 K24264更新日 平成30年5月1日

We Love! 学校

桜丘中学校の校舎の写真

桜丘中学校
住所:各務原市那加不動丘1丁目77番地
生徒数:451人

学校の合言葉は「桜中ABCD」

桜中合言葉の画像

桜丘中学校の学校教育目標は、「志をもって生きる」です。目標をもち、その実現に向けて努力を続ける生き方を目指しています。
こうした生き方には、人として生きる土台が欠かせません。あいさつをする・掃除をする・約束を守る・勉強する・仲間を大切にするなど、当たり前のことを手を抜かないで行うことが大切です。
そこで、「(A)あたりまえのことを」、「(B)ばかにしないで」、「(C)ちゃんとやる人こそ」、「(D)できる人」の頭文字をまとめた「桜丘中ABCD」を合言葉にして生徒を育てています。

桜丘中5本柱

桜丘中学校には、生徒会が力を入れている5本柱「授業」、「合唱」、「あいさつ」、「掃除」、「ボランティア」があります。

1.仲間との学び合いを大切にした「授業」を行っています

生徒の学校生活の大半を占める「授業」の充実を行っています。そのために、本校では仲間との学び合いを大切にしています。課題に対する自分の考えをしっかりと持った上で、仲間と伝え合うことで、さらに自分の考えを深めたり、広げたりすることができます。どの教科においても、ペアやグループそして学級の仲間と積極的に学び合う場を位置付けています。
全クラスが「自慢できる授業」と題し、自分たちがつくり出すことができる「最高の授業」を公開しています。そのようすを撮影し、昼の放送で全校に発信しています。
また、授業の充実とともに大切なのが家庭学習です。中学生には、宿題がなくても自ら今日学んだ内容を順に復習していく姿や、明日の授業の予習をする姿が求められます。こうした学習習慣が身についていれば、授業で学んだことが確実に定着していきます。
そこで、本校ではオリジナルの自主学習ノートである「桜ノート」を作成し、自主学習に取り組む習慣づくりに力を入れています。昨年度は、3冊の桜ノートをやり終えた生徒が180人おり、校長から「志賞」を受けました。

仲間と学び合い課題を追求するようすの写真

桜ノートの写真

2.仲間と作り上げる「合唱」に力をいれています

合唱曲に編曲した校歌を披露する3年生の写真

昨年の11月25日(土曜日)には、合唱発表会を行いました。10月の終わりから45分授業にして、放課後に30分の合唱練習の時間を設けました。自分たちで歌詞の意味を考えながら、どのように歌うとよいのかを話し合い、歌詞が書かれた模造紙に「強く」「弱く」「やさしく」と書き込みをしながら歌うなど、工夫をこらした練習を進めました。また、昼休みにも仲間と声をかけあい、中庭や玄関で歌声を響かせる姿や教室でパート練習を行う姿が数多く見られました。どのクラスも充実した取組を行うことができ、学級の文化と呼べるところまで質の高い合唱をつくりあげることができました。審査委員長として招いた先生からも「どの学級も一生懸命に練習したことがよくわかりました。合唱に対する熱いみなさんの思いが伝わってきました。」と取組の充実ぶりを高く評価していただきました。また、当日には大変多くの保護者の皆さん、地域の皆さんにご来校いただき、生徒のやる気も一層高まり、素晴らしい合唱が体育館に響きました。
また、2月23日に伝統を引き継ぐ会を行いました。会の終わりに、3年生全員が桜丘中校歌を合唱しました。開校以来32年間歌い継がれてきた校歌をもっと大切にしてほしいという願いを込め、合唱曲へと編曲された校歌の発表でした。この日のために岐阜各務原児童合唱団の代表の長尾正先生にお願いをして編曲をしていただきました。美しい3部合唱曲と編曲された校歌に、驚きと感動が会場に広がりました。

3.仲間と心をかよわせる「あいさつ」を大切にしています

生徒玄関前でのあいさつ運動のようすの写真

生徒会では、朝のあいさつで活気のある桜丘中をつくろうとしています。午前7時45分から8時までの15分間に、生徒玄関前で生活委員を中心にあいさつ運動を展開しています。多くの生徒がこの活動に参加し、100人以上の生徒が生徒玄関前であいさつ運動を行っています。今後もあいさつを通して、仲間と心をかよいあわせることができる桜丘中をつくっていきます。

4.自らの心を磨く「掃除」に全力で取り組んでいます

ぞうきんがけのようすの写真

掃除の時間は、自己との対話の時間です。集中して掃除を行うことで、心を鍛える時間でもあります。生徒会主催の全校的な取組によって、清掃の姿がどんどん向上しています。掃除の時間になると、全校が大変静かになり黙々と掃除に取り組む生徒の姿が見られます。今ではすべての掃除場所でひざをついて丁寧にぞうきんがけを行うことが当たり前の姿となりました。

5.地域とつながる「ボランティア活動」を推進しています

本校では、ボランティア活動に力を入れています。生徒会主催で昼休みを中心にして草引き、落ち葉拾い、苗植えなどの活動を行っています。
また、夏休み中と冬休み前の2回、一人暮らしのお年寄りのお宅を生徒が訪問していきます。昨年度は延べ122人の生徒が参加し、少人数のグループに分かれて草むしりや外掃除、窓ふき、部屋や風呂の掃除を行いました。2時間程度の活動時間であり、限られた場所の清掃しかできませんでしたが、訪問させていただいた皆さんには大変喜んでいただくことができました。このように生徒が身につけた力を地域で生かす活動を継続させていきたいと考えています。
昨年10月28日(土曜日)に、本校を会場にして「さくらカフェ(認知症カフェ)」を開催しました。認知症の方やそのご家族、地域の方、医療や介護の皆さんが多数来られました。ジュースを飲みながら、楽しく会話したり、トランプや折り紙をしたりほっとひといきする時間を過ごされました。つばさ学級によるハンドベル演奏や吹奏楽部よる演奏を披露しました。さらに昨年度は、美術部が早くから準備をすすめ、会場やテーブルの飾りつけを担当しました。また、10人の本校生徒、本校を卒業し岐阜各務野高校の福祉課で学んでいる6人の高校生がボランティアとして活躍しました。準備を午前9時前から開始し、午後0時30分の閉店まで受付、案内、飲み物をお出ししたり、一緒にゲームをしたりしました。
参加された方から「吹奏楽部の演奏で歌ったふるさとが心に残りました」「中学生や高校生との語らいが一番楽しかったです」などの感想をいただきました。今後も継続して本校を会場にして開催していく予定です。

学校周辺のボランティア掃除の写真

さくらカフェでの吹奏楽部の演奏の写真

独居高齢者宅訪問ボランティアの写真

独居高齢者宅訪問ボランティアの写真

学校からのお知らせ

中学生学校給食選手権において「アイデア学校給食賞」を受賞しました

中学生学校給食選手権「アイデア学校給食」報告会の写真

岐阜県教育委員会では、子どもたちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付け生涯にわたって健康な生活を営む態度を育んでいることを目的に「GIFU 食のマイスタープロジェクト事業」に取り組んでいます。その一環として、昨年12月27日に「中学生学校給食選手権」の調理実技審査が行われ、本校からも3年生の3人が出場しました。その結果、3人が考案した献立がアイデア学校給食賞に選ばれました。本校は、平成26年度に最高賞のグランプリを受賞しており、4年連続で調理実技審査に進んでいます。
今回は「岐阜野菜たっぷり給食」と名付け、メニューは、麦ごはん、牛乳、鮭と岐阜野菜のホイル焼き、切干大根の煮物、厚揚げの味噌汁、みかんゼリーです。
このメニューを1月26日(金曜日)に給食メニューとして再現し、浅野健司市長にもご来校いただき、中学生学校給食選手権のようすを報告したり、一緒に給食を味わっていただいたりしました。

桜丘中ウェブサイトをいつもご覧いただきありがとうございます

桜丘中学校のウェブサイトの画像

いつも桜丘中のウェブサイトを閲覧いただき、ありがとうございます。一昨年度の6月にリニューアルして以来、閲覧回数が15万回を超えました。今後も、一層ウェブサイトを充実させ、保護者の皆さんや地域の皆さんにさまざまな情報をタイムリーにお届けしたいと考えています。

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。