エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームBEST SMILE(ベストスマイル)バックナンバー一覧バックナンバー おうちで給食 › 平成29年11月「ゴボウとコンニャクのきんぴら」


ここから本文です。

平成29年11月「ゴボウとコンニャクのきんぴら」

ID番号 K21616更新日 平成29年11月1日

ゴボウとコンニャクのきんぴら

「ゴボウとコンニャクのきんぴら」の画像

材料(4人分)

  • ゴボウ 小1本
  • コンニャク 1/2枚
  • ニンジン 小1本
  • サラダ油 小さじ1
  • いりゴマ 小さじ1
  • トウガラシ 適宜

(調味料)

  • 三温糖 大さじ1
  • しょうゆ 大さじ1
  • 酒 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 和風だしの素 小さじ1/2

作り方

  1. ゴボウとニンジンをせん切りにし、コンニャクを5ミリ角の拍子切りにする
  2. ゴボウと、コンニャクを下茹でする
  3. 鍋に、サラダ油を熱し、ゴボウを炒め、次にニンジンを炒める
  4. 火が通ったら、コンニャクを入れ、調味料を加え炒める
  5. 仕上げにいりゴマ、お好みでトウガラシを入れ、できあがり

一口メモ

ゴボウとコンニャクのイラスト

給食では、毎月8日は「いい歯の日」として、かみ応えのあるメニューを出しています。その日に、たびたび登場する献立が、この「ゴボウとコンニャクのきんぴら」です。冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもよいですね。
よくかむことで、3つの効果があります。

  1. 料理の味を味わって食べることができます
  2. 歯やあごが丈夫になり、頭の働きがよくなります
  3. だ液の分泌がよくなり、病気を防ぐことにつながります

やわらかいものは食べやすいですが、かみ応えのある献立を取り入れて健康に過ごしたいですね。

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。