エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームBEST SMILE(ベストスマイル)バックナンバー一覧バックナンバー web de けんこうHOTニュース › 平成28年5月「受動喫煙、あなたは大丈夫ですか?」


ここから本文です。

平成28年5月「受動喫煙、あなたは大丈夫ですか?」

ID番号 K15941更新日 平成28年5月1日

受動喫煙、あなたは大丈夫ですか?

タバコは吸わない人が知らず知らずのうちにタバコの煙を吸っていることを受動喫煙といいます。喫煙している人のそばにいると、空気中にだたよっている煙を吸い込んでしまい、吸わない人までタバコの害を受けます。

どんな影響があるのか?

喫煙の影響から体に起こる症状のイラスト

すぐにあらわれる症状としては、目やのどの痛みなどがあります。心拍数が増えたり、咳込んだり、息苦しくなったり、頭痛などの影響があらわれる人もいます。また、長期的に受動喫煙をしていると、心筋梗塞や狭心症で死亡する危険性や脳卒中やぜんそくなどのさまざまな病気を発症する危険性が高くなることが知られています。

さらに、妊婦さんやお腹の中の赤ちゃん、子どもにもこんな影響があります。

妊婦の喫煙のイラスト

妊婦さんが受動喫煙にさらされると、流産や早産の危険性が高くなることや、新生児の低体重化などがいわれています。子どもには中耳炎、気管支炎、肺の感染症や肺機能の低下、脳の働きにもさまざまな影響があります。家庭内などで受動喫煙をしている子どもは、言語能力が低かったり、注意力が散漫だったりする傾向が報告されています。

子どもはタバコの煙に対して無防備です。

禁煙のイラスト

タバコの煙が有害であることがわからなかったり、親が喫煙者であったりすると、タバコの煙を自分の意思で避けることができません。周りにいる大人が守ってあげることが必要です。

受動喫煙から身を守るためには
  • 喫煙している人の近くには行かない
  • タバコを吸い終わった直後の人との会話を避ける 
  • 家族や友人など自分の周りに喫煙している人がいたら、禁煙をすすめる
  • 屋内完全禁煙の施設を利用する

 

このページに関するお問い合わせ

健康管理課
電話:058-383-1115
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。