エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームウェブマガジンバックナンバー一覧バックナンバー BEST SMILE(ベスト スマイル) › 平成29年9月「小山さくらさん」


ここから本文です。

平成29年9月「小山さくらさん」

ID番号 K20605更新日 平成29年9月1日

小山さくらさんの写真

小山さくらさん(神戸市在住 大学1年生)

総務省の「ふるさとワーキングホリデー」制度を活用して、8月7日から2週間、川島笠田町の河川環境楽園内の「岐阜おみやげ川島店」で職業体験を行いました。


 (注)「ふるさとワーキングホリデー」とは、都市に暮らす若い人たちが、一定期間、地域に働きながら滞在し、地域の人たちとの交流などを通して、通常の旅行では味わえない、地域との関わりを深めてもらおうというもの。

人の温かさにふれて中身の濃い時間を過ごした各務原市は、第二のふるさとです!

数多くある自治体の中で、各務原市を選んでいただいて、ありがとうございます。

ふるさとワーキングホリデーの制度を知ったのは、7月に地元紙で取り上げられていたことがきっかけです。おもしろそうだなと興味を持ったので、さっそくウェブサイトで調べてみました。
岐阜県を選んだのは、大学受験前の高校2年の夏休みに、旅行で遊びに来たことがあったので、親しみを持っていたからです。岐阜県をクリックしたところ、各務原市のほかに、下呂市や多治見市など受入先が掲載されていました。
私は接客を体験したかったので、「小売」を体験できる各務原市を希望しました。

店長も「とっても頼りになります」と太鼓判を押しています。職業体験はいかがですか。

商品の整理をしている小川さんの写真

アルバイトも1人暮らしも初めてなので、各務原市に来るまでは不安がありました。でも、実際に訪れて、いろんな方と接するうちに、人の温かさにふれて、すぐに不安は消えていきました。今は、心から楽しんでいます。
私が働いている「岐阜おみやげ川島店」には、小さなお子さんからご高齢の方まで、さまざまな方が来店されます。一緒に仕事をしている店長や先輩から、相手に応じた言葉遣いや対応が大切だと学びました。
夏の思い出作りに遊びに来られた方が多いと思うので、「楽しかった」という思い出と一緒に帰っていただきたいなと思いながら、丁寧な接客に努めています。
最初は自信もなく、お客様の目を見て対応することができませんでした。「ありがとう」と感謝の言葉をいただいたときに、とても嬉しく、それからは笑顔で接客できるようになりました。

各務原市の印象をお聞かせください

カフェでの小川さんの写真

9日に、市職員の方と一緒に市内を周りました。市内の文化財や観光施設、新しくオープンした「KAKAMIGAHARA OPEN CLASS」にも連れて行っていただきました。車で移動したのですが、緑豊かな公園が多くあって、すてきなところだなと思いました。お昼には、おしゃれなカフェに連れて行っていただいたり、かわいいスイーツのお店を紹介していただいたりしました。
残念だったのは、かかみがはら航空宇宙科学博物館がリニューアル中だったことです。3月にはリニューアルオープンするので、ぜひ見に来たいですね。

また各務原市に来てくださいね

レジでの接客中の小川さんの写真

ありがとうございます。たくさんの方に支えられて、ここで働くことができているのだと実感しています。今は、感謝の気持ちでいっぱいです。観光旅行とは違う、中身の濃い2週間を過ごして、各務原市のことをたくさん知りました。今度各務原市に来るときには、友達を連れて、私が案内したいと思います。

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。