エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方


ここから本文です。

平成31年1月「石原香奈さん」

ID番号 K27593更新日 平成31年1月1日

石原香奈さんの写真

石原香奈さん(済美高等学校3年)

済美高等学校バレーボール部所属でポジションはセンターを担当。昨年11月、関市のせきしんふれ愛アリーナで開催された「第71回全日本バレーボール高校選手権大会 県代表決定戦」で優勝し、1月5日から行われる全国大会への出場を決めました。

自分の力を出し切り、目指すは全国優勝です!

全国大会出場おめでとうございます!早速ですが、大会当日についてお聞かせください。

市長に報告しているようすの写真

センターの主な役割は、前衛でのブロックと、速攻のアタックです。また、フォーメーションの中心からチーム全体を見ながら、素早い状況判断も求められます。これらの役割を果たすのはもちろんですが、大会では「1セット中にブロック2本、サーブは2本以上続けて打つ」ということを目標にしていました。試合で、その目標を達成できたことが結果につながりました。
決勝の相手は、過去の新人戦とインターハイで負けた相手でしたが、3-0でストレート勝ちすることができました。「絶対に負けたくない」という気持ちが、プレッシャーをはねのけたのだと思います。全国大会への自信にもつながりましたね。

普段はどのような練習を?

週7日、毎日です。平日はもちろん、休日も朝から夕方まで練習します。試合形式のチーム練習がメインですが、ブロックに重点を置いた個人練習も行っています。相手のアタックに負けない強いブロックで、チームを勝利に導きたいです。

ハードですね。そこまでがんばれる、バレーの魅力とは?

従妹がやっているのを見たのがきっかけで、小学4年生からバレーを始めました。バレーはチームスポーツです。仲間のつないだボールが得点になる、その瞬間が楽しくて、高校3年生の今まで続けてきました。もちろん、仲間と一緒に戦って、試合に勝てたら最高です。そのためには、自分自身も強くならないと。

1月は全国大会ですね。自信のほどは?

市長とバレー部のみなさんとの写真
石原さん(真ん中左)と、出場するメンバー

自信はあります。3年生の私にとっては、最後の舞台。これまで培ってきた自分の力を出し切り、優勝したいです。そのために、今は全力で練習をがんばります!

このページに関するお問い合わせ

広報課 広報係
電話:058-383-1900
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。