エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームBEST SMILE(ベストスマイル)バックナンバー一覧バックナンバー やさしさ宅配便 › 平成29年7月「認知症を知ろう」


ここから本文です。

平成29年7月「認知症を知ろう」

ID番号 K19627更新日 平成29年7月1日

認知症を知ろう

脳の機能を知ろう

脳の機能のイラスト

脳には、

  • 記憶する
  • 時間や場所を認識する
  • 計算をする
  • 読み書きをする
  • 言葉を話す
  • 出来事などを理解する

などの機能があり、これらを認知機能といいます。脳は生まれてから20歳ごろまでどんどん発達しますが、20歳ころにほぼ発達が終わります。そして発達が止まった脳は、年齢とともに少しずつ小さくなっていき、認知機能も徐々に低下していきます。ただ、物事を理解したり判断したりする機能は、80歳くらいまで低下はしないとされています。

認知症がおこる原因は?

脳が働くには、たくさんのエネルギーが必要です。そのため、脳が働いている時には、たくさんの血液が脳に流れ、酸素と糖が運ばれます。たくさんの血液が流れることで、脳の機能の低下を防ぎ、若々しさを保っていられます。
反対に、脳を働かせていなければ、血流も悪くなり、脳の栄養である酸素や糖が運ばれず、認知機能も低下してしまうということになります。認知機能の低下は、認知症につながります。認知症予防や認知症の症状悪化を防ぐためにも、脳をできるだけ働かせるということが大切です。

認知症を予防するために、楽しく脳を働かそう

認知症は、高齢者だけの症状ではありません。40代でも自覚がないだけで、脳は少しずつ萎縮していっています。名前が出てこないなどの物忘れは、40代でもあるのではないでしょうか。高齢者になってからではなく、普段から脳を働かせる生活を送ることが大切です。
そして、もう一つ大切なことは、楽しめる範囲で行うこと。「しなければならない」と思うようになると、それがストレスになり、認知症予防の効果が得られません。

市では認知症を予防するために、教室を開いています

「脳のパワーアップ教室」

脳のパワーアップ教室の写真

認知機能、コミュニケーション機能などの維持・改善を目的とした教室です。サポーターと楽しみながら、くもん式による簡単な「読み書き」「計算」を行います。

「頭の体操教室」

頭の体操教室の写真

スリーA方式認知症予防教室です。
スリーAとは、「かるく」「たまを使って」「きらめない」をモットーとした認知症予防プログラムです。
優しさのシャワーを浴びながら、脳活性化で一日を楽しみ、思い切り笑うことで脳を活性化して、認知症の予防と改善を図ります。
20種類の手遊びやお手玉、太鼓などの種目を行いながら脳活性化やリフレッシュをするプログラムです。

教室の参加には申込が必要です

申込

高齢福祉課:058-383-2124

費用

脳のパワーアップ教室 1カ月2260円(テキスト代)
頭の体操教室 1カ月2000円(参加料)

皆さんの参加をお待ちしています。

このページに関するお問い合わせ

高齢福祉課
電話:058-383-2124
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。