今月の展示コーナー

ページ番号1004545  更新日 令和3年10月1日

印刷大きな文字で印刷

中央図書館

読書週間標語「最後の頁を閉じた 違う私がいた」の本展

令和3年10月2日(土曜日)~11月11日(木曜日)

 読書週間に合わせて物語の世界を楽しめる本をいろいろ紹介します

おすすめ本の一冊!

「君の膵臓を食べたい」 住野よる/著

共病文庫という闘病日記を通して出会った二人。お互いを認め合い、少しづつ変わっていく姿に心動かされます。日々の幸せをかみしめ、1日がとても貴重な時間だと気づかされる1冊です。タイトルの意味がわかる瞬間、自分がもし登場人物だったら・・・物語の世界に浸ってみてください。

 

ハッピー・ハロウィン展

令和3年10月2日(土曜日)~10月31日(日曜日)

 ハロウィンを楽しむ本を紹介します。

おすすめ本の一冊!

「しゃっくりがいこつ」 マージェリー・カイラー/作 S.D.シンドラー/絵

朝、めざめたがいこつは、歯を磨いているときも、骨のお手入れをしているときも、しゃっくりが止まりません。そこにやってきたおばけが、しゃっくりを止めるためにある提案をしました。はたしてしゃっくりはとまったのでしょうか?そしておばけはどんな方法で、がいこつのしゃっくりをとめようとしたのでしょうか?

 

SDG’sを知る本展

令和3年10月2日(土曜日)~11月11日(木曜日)

 近年、学校教育の現場でも関心の高いSDG’sの取り組み。「持続可能な開発の目標」に沿った図書を紹介します。

おすすめ本の一冊!

「買い物は投票なんだ」 藤原 ひろのぶ/文 ほう/絵

私たちの未来を良くするためにできることは? 今すぐ実行! 買い物で社会を変えてみませんか。
 

介護をめぐる物語

令和3年10月2日(土曜日)~11月11日(木曜日)

老々介護、ヤングケアラー、ダブル介護、8050問題など、介護を取り巻くさまざまなテーマを扱った物語を紹介します。

おすすめ本の一冊!

「全員悪人」 村井 理子/作

被・介護者を視点にした物語。認知症になったとき、自分は家族からどう扱われるか、考えずにはいられません。
 

お問い合わせ

中央図書館 電話:058-383-1122

川島ほんの家

読書週間になに読む?

令和3年10月2日(土曜日)~11月11日(木曜日)

読書週間にあわせて、楽しい話、泣ける話、怖い話など、いろいろな本を紹介します。

おすすめ本の一冊!

「「めぐりんと私。」 大崎 梢/著 東京創元社

移動図書館「めぐりん」で出会った人々の、さまざまな悩みや謎を解決していくミステリ連作集。移動図書館車の行く先々で、利用者さんと謎が待っている!みなさんも図書館や移動図書館「さつき号」で、いつもと違った本や人と出会ってみませんか?

 

アートを感じよう

令和3年10月2日(土曜日)~11月28日(日曜日)

アートや音楽。芸術の関連本を紹介します。

おすすめ本の一冊!

「ミッフィーとフェルメールさん」 美術出版社

ある日ミッフィーは「フェルメールさん」という画家の絵と出会います。この絵を描いたフェルメールさんはどんな人?面白い絵!ミッフィーと一緒に子どもの目線で。読み聞かせることで、大人の目線で。
現存する絵画が35点しかないと言われているフェルメールの世界を楽しんでみませんか?
 

お問い合わせ

川島ほんの家 電話:0586-89-5610

中央ライフデザインセンター図書室

孤独のススメ

令和3年10月2日(土曜日)~11月11日(木曜日)

ひとりの時間を楽しむ趣味や旅、生活の本を展示します。

おすすめ本の一冊!

「ひとり外食術」 ひとり外食向上委員会/著

ひとり外食のよいところは、自分の都合のよい時間に、自分の好きなお店で、自分の食べたいものをじっくり味わって食べることができるところです。この本は、そんなひとり外食を楽しみたい人に向けた、飲食業のプロたちによるお店の選び方から、お店での過ごし方を紹介した指南書です。

お問い合わせ

中央ライフデザインセンター図書室 電話:058-383-2125

もりの本やさん・森の交流館

動物愛護の本

令和3年9月4日(土曜日)~9月30日(木曜日)

9月20日~9月26日の動物愛護週間にちなんで、飼い方・コミックエッセイ・写真集などの本を展示します。

おすすめ本の一冊!

「その道のプロに聞く 生きもののワォ!」 松橋 利光/著

思わず人に話したくなる!?生きもののふしぎな話。
ぜひ、生きものについて、まわりの人と話をして生きもののことをいろんな人に知ってもらい、生きものに関心をもつ人がひとりでも増え、広く目が向けられたら、という著者の願いと愛が込められた本です。
水族館勤務ののち、生きものカメラマンに転身した著者の、豊富な体験談も興味深いです。
 

お問い合わせ

もりの本やさん 電話058-370-7175

このページに関するお問い合わせ

中央図書館
電話:058-383-1122
中央図書館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。