かかみがはら えぎぬproject

ページ番号1015603  更新日 令和4年7月1日

印刷大きな文字で印刷

かかみがはら えぎぬproject

絵絹(えぎぬ)とは、主に日本画を描く素地として使用する目的で生産された絹織物のことを指し、色の発色や定着を良くするために、細かく均一に織り上げてあります。
令和2年度より、アートに関わる若い世代に「えぎぬ」の存在や素材の素晴らしさを知ってもらい、
新たな価値を創出する取り組みとして、「かかみがはら えぎぬproject」を立ち上げました。

えぎぬproject 企画展「Kinusora」について

令和4年秋に「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」にて、絵絹に日本画を描いた作品を展示する企画展「Kinusora」を開催します。
 

 

このページに関するお問い合わせ

歴史民俗資料館
各務原市那加門前町3丁目1-3 中央図書館3階
電話:058-383-1361
歴史民俗資料館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。