がん患者医療用補正具(ウィッグおよび乳房補正具)購入費助成

ページ番号1002627  更新日 令和2年5月11日

印刷大きな文字で印刷

がん患者の方の治療と就労、社会参加などとの両立を支援し療養生活の質の向上を図るため、医療用補正具の購入費用の一部を助成します。

申請について

令和3年4月1日以降に購入したがん患者医療用補正具については、市への申請のみで費用の助成が受けられるようになりました。

令和2年度までは、岐阜県と各務原市それぞれに申請が必要でしたが、令和3年4月1日以降に医療用補正具を購入された方は申請が一本化され、各務原市のみの申請となります。

 

7月より、令和3年4月1日以降に医療用補正具を購入された方の申請を開始します。

令和2年4月1日から令和3年3月31日に購入された方は下記をご覧ください。

助成の対象

  1. がん患者の医療用ウィッグ(全頭用)および装着に必要な頭皮保護用のネット
  2. 乳房補正パッドまたは人工乳房(これらを固定する下着を含む)

対象者

以下の要件をすべて満たす方

  • 補正具(ウィッグおよび乳房補正具)の購入日、および申請時に市内に住所がある方
  • 手術、薬物治療、放射線治療などのがんの治療を受けた方または現に受けている方
  • がんの治療に伴う脱毛または乳房の切除により、治療と就労、社会参加等との両立に支障が出る、または出るおそれのある方
  • 過去に都道府県および他の市町村で同一の助成を受けていない、または受ける予定のない方
  • 医療用補正具(ウィッグおよび乳房補正具)を令和3年4月1日以降に購入した方

助成金額

購入費用の額で上限20,000円

(1,000円未満の端数が生じた場合は切り捨て)

助成回数

対象となる方1人に対して、医療用ウィッグと乳房補正具それぞれ1台ずつ、1回限りです。

申請方法

「各務原市がん患者医療用補正具購入費助成金を申請される方へ」をお読みいただき、
購入日より1年以内に、必要書類を各務原市健康管理課または東保健相談センターの窓口へ提出してください。

関連リンク

健康管理課(総合福祉会館1階)

東保健相談センター(鵜沼市民サービスセンター庁舎内)

岐阜県医療用補正具購入費助成事業

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康管理課
電話:058-383-1115
健康管理課 健康管理係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。