エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報子育て・教育青少年育成 › 胎児期・出産


ここから本文です。

胎児期・出産

ID番号 K420更新日 平成25年2月7日

 赤ちゃんは望まれ、愛されて生まれます。
 子育ては、おなかの赤ちゃんとの「心の絆(きずな)」から始まります。

おなかの赤ちゃんは、感じています

 お母さんの気持ちがおなかの赤ちゃんにも伝わります。

  • お母さんが「明るい」「楽しい」「優しい」気持ちでいると、おなかの赤ちゃんもゆったり安心です。
  • 出産や産まれてくる赤ちゃんとの生活を夫婦で楽しみにしましょう。
  • 心地よい音楽や美しい絵をみましょう。
  • 妊婦さんどうし、友達とおしゃべりをしましょう。
  • お父さん、お母さんは仲良くしましょう。

おなかの赤ちゃんは、聞いています

 お父さんやお母さんの声を聞き分けることができます。

  • おなかの赤ちゃんに話しかけましょう。きっと反応があるはずです。
  • おなかの赤ちゃんは、優しい声が大好きです。

おなかの赤ちゃんとお母さんは、へその緒でつながっています

 お母さんの生活がおなかの赤ちゃんに直接影響を与えます。

  • 妊娠中は、バランスのよい食事を摂り、禁煙・禁酒に心がけましょう。
  • お父さんもお母さんのいるところでは、タバコを吸わないようにしましょう。
  • 健康診査は、必ず受けましょう。
  • 十分な睡眠をとり、心身を休めましょう。

妊婦さんと赤ちゃんにやさしいまちをつくります

 妊婦さんを見かけたら優しい心づかいをします。
 公共の場での喫煙には心配りをします。

こんな不安が出てきたらQ&Aコーナーへ

絆プロジェクト

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

青少年教育課
電話:058-383-1484
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。