エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報子育て・教育青少年育成 › 乳幼児期(3歳未満)


ここから本文です。

乳幼児期(3歳未満)

ID番号 K421更新日 平成25年2月8日

 親子の「絆(きずな)」や、人としての基盤をつくるとても大切な時期です。

赤ちゃんの目を見てふれあいを

 言葉かけやスキンシップが人への信頼感、優しい心を育てます。

  • いっぱいの愛情を注ぎましょう。
    「わたしは、愛されている」という実感を深め、人にも優しくできる心を育みます。

しつけが始まります

 自分でできることを焦らずに増やしていくことが自信を育てます。

  • 子どもの気持ちやリズムを大切にしましょう。
    起床、食事、遊び、昼寝、就寝、着替え、トイレなど、一緒に取り組み、ほめていくことが大切です。

「遊ぶ」ことが学びです

 発達の段階に応じて自然にふれ、人とふれあうことが必要です。

  • 子どもの好奇心を大切にした遊び「ふれあい」の時間をもちましょう。
    「暑さ・寒さを感じる」「目の前にあるものを追う」「声を出す」「体を動かす」「親子がふれあう」「まわりの大人や子どもとかかわる」
     遊びは、心や体を育てる基本です。

こんな不安が出てきたらQ&Aコーナーへ

絆プロジェクト

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

青少年教育課
電話:058-383-1484
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。