エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方


ここから本文です。

転入届

ID番号 K220更新日 平成30年8月15日

他の市区町村から各務原市へ転入するときに必要な届出です。

届出できる方

原則として本人または世帯主、代理人(代理人が同一世帯の方の場合は代理人の印鑑、同一世帯以外の方の場合は委任状が必要です)

届出に必要なもの

  • 転出証明書(前住所地で発行のもの)
  • マイナンバー通知カードまたはマイナンバーカード
  • 印鑑(届出人が本人の場合は不要です。)
  • 届出人の本人確認書類(運転免許証、パスポート、在留カード、または特別永住者証明書など)

(注1)海外から転入する場合

海外から転入する場合は、パスポートが必要です。
入国審査の際にパスポートに押印されるスタンプ(認証)で帰国日の確認をします。
自動化ゲートを通られる方は入国管理局職員に申出をし、入国スタンプを押していただくようお願いします。
なお、スタンプがない場合はパスポートの他に帰国日のわかるもの(航空券の半券など)を必ずお持ちください。
また、転入届には本籍地などを正確に記入していただく必要があります。わからない場合は事前に調べてからお越しください。

(注2)転出地の市区町村で、住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードによる転出届をされた場合

転出地の市区町村で、住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードによる転出届をされた場合、転出証明書は不要ですが、住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードが必要です。なお、この場合の窓口は市役所本庁舎市民課および鵜沼市民サービスセンターのみになりますのでご注意ください。他の市民サービスセンターでは受付できません。

(注3)外国人住民の方が転入する場合

外国人住民の方が転入する場合は、転入される方全員の在留カード、または特別永住者証明書をお持ちください。

(注4)世帯主が外国人住民の世帯に外国人の方が転入する場合

世帯主が外国人住民の世帯に外国人の方が転入する場合は、世帯主との続柄を証明する文書の提出が必要な場合があります(その文書が日本語以外で記載されている場合は、日本語の翻訳文も必要になります)。

転入に伴う手続き

国民健康保険に加入する方

詳細は下記のページに掲載しています。

国民年金に加入している方

詳細は下記のページに掲載しています。

国民年金を受給している方

詳細は下記のページに掲載しています。

後期高齢者医療に関する届出をする方

詳細は下記のページに掲載しています。

こども医療など福祉医療の申請をする方

詳細は下記のページに掲載しています。

児童手当の申請をする方

詳細は下記のページに掲載しています。

小学生の方

詳細は下記のページに掲載しています。

中学生の方

詳細は下記のページに掲載しています。

届出期間

新しい住所に住み始めた日から14日以内

届出

窓口は、市役所本庁舎市民課または市民サービスセンターです。(所在地などは下記のページに掲載)
受付時間は、平日(開庁日)の午前8時30分から午後5時15分までです。

(注)マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードによる転入をされる方は、市役所本庁舎市民課および鵜沼市民サービスセンターが窓口となりますのでご注意ください。他の市民サービスセンターでは受け付けできません。
外国人住民の方は市役所本庁舎市民課のみが窓口となりますのでご注意ください。市民サービスセンターでは受け付けできません。

このページに関するお問い合わせ

市民課
電話:058-383-1078
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。