エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホームくらしの情報高齢者福祉 › 認知症カフェをはじめませんか?各務原市認定認知症カフェ事業


ここから本文です。

認知症カフェをはじめませんか?各務原市認定認知症カフェ事業

ID番号 K31827更新日 令和元年9月27日

認定認知症カフェ事業

 認知症カフェとは、認知症の方やそのご家族、また認知症に関心のある方や医療・福祉の専門職など、誰でも気軽に参加できる場所のことです。
 市では、認知症カフェの普及と支援を目的に、市内の認知症カフェを市が認定し、広報および活動支援を行います。ぜひご活用ください。

支援内容

広報支援

  • 市ウェブサイトおよび市広報紙への掲載
  • 認定認知症カフェ紹介ガイドブックへの掲載(年度末作成予定)
  • 認定認知症カフェのぼり旗の貸与

活動支援

  • ボランティアの派遣(認知症サポーター等)
  • 傷害・賠償責任保険の加入

認定要件

  • 以下の(ア)~(ウ)いずれかに該当し、認知症の本人および家族、地域住民、専門職等を中心に誰もが気軽に集える活動拠点であり、営利、宗教、政治活動を目的としないもの。
    (ア)情報提供や学びを主たる目的とするもの
    (イ)居場所を主たる目的とするもの
    (ウ)家族と本人のピアサポートを主たる目的とするもの
  • 地域住民団体、ボランティア団体、NPO法人、介護事業所、福祉施設、医療機関、民間事業所等の団体が実施するもの。ただし、暴力団または暴力団員の統制下でない者に限る。
  • 本人・家族等からの相談に対応するため、以下の(ア)、(イ)いずれかの条件を満たすこと。
    (ア)医師・看護師等の医療関係者、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士等の認知症に関する知識を有している専門職を1名以上配置していること。
    (イ)(ア)の条件を満たさない場合は、認知症サポーター養成講座受講者(以下「認知症サポーター」という。) など認知症に関する知識を有する者の配置を行った上で、カフェ開催時間中に(ア)に記載する専門職と常時連絡できる体制を確保していること。
  • 各務原市内で開催するもの。
  • 年間を通じて定期的に開催するもの。
  • 認知症サポーター等の地域のボランティアを運営スタッフとして受け入れるよう努めること。

各務原市認定認知症カフェ事業申請書等

必要書類をご記入の上、市高齢福祉課へご提出ください。

添付ファイル

各務原市認定認知症カフェ事業チラシ

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

高齢福祉課 地域包括ケア推進室
電話:058-383-7258
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。