新庁舎の特徴

ページ番号1012771  更新日 令和3年9月18日

印刷大きな文字で印刷

新庁舎のコンセプト

市民の安全・安心な暮らしを支え みんなにやさしい庁舎

誰もが利用しやすい庁舎

多くの皆さんが利用する窓口を1、2階に集約しました。また多機能トイレを各階に配置。わかりやすい案内表示、ゆとりある通路幅など、ユニバーサルデザインに配慮し、市民の皆さんが快適に利用できるようにしました。

市民に親しまれる庁舎

外観のデザインは、各務原らしさを出すため、旧中山道の宿場町の「連子格子」のイメージを取り入れました。 

防災拠点の機能が果たせる庁舎

最も重要な災害対応拠点のため、免震構造を採用。自家発電設備などを備え、災害時に継続的な対応が可能になりました。

経済性に配慮した環境にやさしい庁舎

新庁舎全体のエネルギー消費量を大幅に削減できるよう、屋上には、太陽光パネルを設置しています。

機能的・効率的な庁舎

執務室をひとつながりのオープンフロアとすることで、将来的な組織改編にも柔軟に対応できます。また、会議室は用途に応じて区切ることができ、多様な利用が可能になりました。

このページに関するお問い合わせ

各務原市役所
電話:058-383-1111(代表)