エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • くらしの情報
  • 各務原の魅力
  • イベント
  • 市政情報
  • 事業者の方

現在の位置 : ホーム各務原市埋蔵文化財調査センターイベント・講座案内 › 夏休み体験講座「古代アクセサリーをつくろう!」終了


ここから本文です。

夏休み体験講座「古代アクセサリーをつくろう!」終了

ID番号 K16683更新日 平成29年9月7日

夏休み体験講座を行いました

勾玉と剣型ペンダント作品例

7月27日(木曜日)と8月17日(木曜日)に夏休み体験講座「古代アクセサリーをつくろう!」を行いました。今年は8月8日開催の予定が台風の影響で17日に順延となりましたが、多くの方々に参加していただくことができました。


古代のアクセサリーについて学ぶ

毎年恒例の勾玉(まがたま)づくりに加え、昨年から市内の鵜沼古市場遺跡より出土した石製模造品のレプリカとして、剣型ペンダントづくりにもチャレンジしていただいています。

はじめにセンター職員から、古代のアクセサリーの種類や意味を学び、その後、勾玉と剣型ペンダントのうち、つくりたいものをそれぞれ選択しました。

勾玉

勾玉づくりのようす

白(滑石)、ピンク・黒(高麗石)の中から好きな石をひとつ選びました。高麗石は少し硬めなので、削るのが大変でしたが、最後まで頑張りました。クリーム状のコンパウンドでピカピカにみがいたり、蛍光ペンで色を着けたり、思い思いに仕上げました。形も色も同じものがひとつとしてなく、自分だけの勾玉が完成しました。

剣型ペンダント


剣型ペンダントづくりのようす

見本を見ながら、滑石を使って本物そっくりにつくりました。白い滑石にアクリル絵の具で色を塗りますが、より自然な石に見えるよう、工夫して色を作ります。穴に革ひもを通して結び、首に掛けると、ステキな剣型の古代風ペンダントになりました。

2日間で41人の方々に参加していただきました。
子どもたちからは「曲がっているところを削るのが大変だった。」「楽しかった。またつくりたい。」「ピカピカの勾玉ができてうれしい。」「勾玉を大事にしていきます。」などの声が聞かれました。

勾玉づくりなどの講座は、通年で申し込みを受け付けています。事前に予約が必要ですので、埋蔵文化財調査センターまでお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

埋蔵文化財調査センター
各務原市那加門前町3丁目1-3 中央図書館3階
電話:058-383-1123
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。