「各務原市の文化振興のあり方」策定について

ページ番号1009460  更新日 令和3年3月31日

印刷大きな文字で印刷

「各務原市の文化振興のあり方」の検証結果について

平成29年8月に「各務原市の文化振興のあり方」を策定し、多様な分野を扱う行政の強みを活かし、各分野と連携しながら文化振興に取り組んできました。
本市の文化施策の状況や成果を踏まえつつ、国の地方創生の考え方や文化行政の方向性など、新たな動向を具体化するため、「各務原市の文化振興のあり方」について、各種委員との意見交換会を開催し、検証を行いましたので、その結果を公表します。

「各務原市の文化振興のあり方」策定

市の文化振興の基本的な考え方や体制など、今後の文化振興施策の指針となる「各務原市の文化振興のあり方」を策定いたしました。
策定にあたっては、市民アンケートや中高生アンケート、関連イベントにおけるアンケートなどにおいてさまざまなアイデアやご意見をいただき、参考とさせていただきました。
また、平成28年度末に「各務原市の文化振興のあり方(案)」をまとめ、29年5月にパブリックコメント(意見募集)を行ったところ、11人から18件のご意見をいただきました。

それらの結果をもとに、平成29年8月に「各務原市の文化振興のあり方」を策定いたしました。
今後、文化振興のあり方に基づき、総合計画の将来都市像「笑顔があふれる元気なまち」を目指し、基本目標にある「心豊かで文化を育む人づくりのまち」の実現に向け、関係各課が連携を図りながら取り組んでまいります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。