中小企業だからこそできる自社ブランドの構築と発信方法

ページ番号1014892  更新日 令和4年5月18日

印刷大きな文字で印刷

このイベントは終了しました。

イベントカテゴリ: 講座・講演会

ポストコロナに向けた新ブランドを確立して新市場を開拓しよう

ものづくりブランディングシリーズ第1弾

安藤竜二氏写真

ポストコロナに向け、中小企業が新商品や新サービスを生み出し、新たな売り上げの柱を築くには、「自社の商品やサービスの魅力を発信し、価格ではなく価値で売ること(ブランディング)」が必要です。
本セミナーでは「叩き上げブランディングプロデューサー」として多くの中小企業を支援してきた株式会社DDRの安藤竜二氏が、ポストコロナ時代を勝ち抜くための社ブランドの創り方と発信方法について、最新事例を交えてわかりやすくお伝えします。

第2部では、昨年度ブランディングに取り組まれた市内企業2社が、具体的な取組事例についてご紹介します。

開催日
令和4年6月27日(月曜日)
開催時間

午後1時30分 ~ 午後4時30分

第1部 講演 午後1時30分~3時30分

第2部 事例発表 午後3時40分~4時30分

場所
市役所
4階第1・2会議室
市役所本庁舎
対象
中小企業・小規模事業者(申し込み多数の場合、各務原市内事業者を優先します)
申し込み
申し込みは終了しました。
費用
不要
定員
40人程度
講師

株式会社DDR 代表取締役 安藤 竜二 氏
プロフィール
愛知県岡崎市生まれ。1993年、岡崎の老舗木材会社に入社。住宅材輸入に関わり北米や中国にて輸入業務、商品開発、ブランド戦略に取り組む。フリープロデューサーとして店舗プロデュースやブランド開発を手掛けたのち、2006年に株式会社DDRを設立し、全国各地の中小企業、商品やプロジェクトのブランディングに取り組む。主な著書に「ブランド道」「安藤竜二 ブランドテキスト」「地域企業から学ぶ 未来に繋がるブランディング術」「小さな会社と小さな自分を大きくする51のスキル」など。FM愛知「グローバルアールビジョン」のメインパーソナリティーを務める。

主催
各務原市・各務原商工会議所
開催予告

ものづくりブランディングシリーズ第2弾として、集中的にブランディングに取り組む、小規模勉強会と個社指導(全5回)を8月以降に実施する予定です。ぜひご参加ください。

添付ファイル

ダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

産業政策室
電話:058-383-1697
産業政策室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。