経済センサスー活動調査

ページ番号1008021  更新日 令和3年4月6日

印刷大きな文字で印刷

令和3年経済センサス-活動調査の実施について

令和3年6月1日を基準日として、全国一斉に経済センサス-活動調査を実施いたします。日本全体の経済活動の変動や動向が明らかになる大切な調査です。調査へのご協力をよろしくお願いします。

調査の概要

調査の対象
6月1日現在、所在する全国すべての事業所・企業が対象です。

調査の内容
名称、所在地、経営組織、従業者数などの基礎項目および資本金の額、売上(収入)金額、費用総額などの経理項目について調査します。

調査の流れ
~調査員による調査(主に単独事業所および新設事業所)~
5月中旬から、調査員証および腕章を携帯した調査員が事業所・企業に訪問し、調査書類を配布します。回答方法は、インターネットもしくは調査票です。
調査票の場合は、調査員が回収にお伺いします。

インターネット回答期間:6月1日(火曜日)~8日(火曜日)
調査票回答期間:6月1日(火曜日)~調査員回収期日

~国・県・市による調査(主に支社を有する企業等)~
5月中旬から下旬に、支社等を有する企業および一部の単独事業所については、国が企業の本社宛てに支社分を含めた調査票を一括して郵送します。回答方法は、インターネットもしくは郵送です。

 

新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた対応について

今回の調査は、訪問や調査書類の配布・回収において、新型コロナウイルス感染症に注意した方法により実施します。

事業所・企業への訪問
常にマスクを着用し、手指消毒スプレーを携帯して訪問します。
面会する場合は、一定の間隔を空けて説明します。

調査票の回収
接触を避けるため、便利なインターネット回答のご協力をよろしくお願いします。

調査結果の活用

調査の結果は、国や市が行政施策を進めていくうえでの基礎資料として利用されるだけでなく、民間企業における経営計画の策定など、社会経済の発展を支える基礎資料として広く活用されています。

行政施策上での活用
・GDP統計作成の最も重要な基礎資料
・人口減少問題対策、地域防災計画策定、交通インフラ整備などの基礎資料

事業所・企業における活用
・新規店舗の出店計画のための基礎資料

教育分野における活用
・小、中学校の社会科の副読本(補助教科書)の参考資料

このページに関するお問い合わせ

総務課
電話:058-383-1526
総務課 統計係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。