山田寺跡塔心礎

ページ番号1005305  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

国指定有形文化財

山田寺跡塔心礎の写真

舎利容器の写真
舎利容器

よみがな

さんでんじあととうしんそ

時代

飛鳥・白鳳時代

所在地

各務原市蘇原寺島町2丁目18

説明

 山田寺跡は、7世紀後半に建てられた古代の寺院跡です。
 塔心礎の中心には、舎利容器を納める穴があります。

(注)無染寺境内から東へ約30メートルに塔の基壇跡があります。

このページに関するお問い合わせ

埋蔵文化財調査センター
各務原市那加門前町3丁目1-3 中央図書館3階
電話:058-383-1123
埋蔵文化財調査センターへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。