乳幼児健診における新型コロナウイルス感染予防対策

ページ番号1002243  更新日 令和4年7月29日

印刷大きな文字で印刷

乳幼児健診における新型コロナウイルス感染予防について

乳幼児健診は、感染予防対策に努めた上で実施しています。つきましては、受診の際は、下記をご確認のうえ受診していただきますようご協力をお願いいたします。
なお、健診の日程等を変更している場合がありますので、受診前に各健診のページで日程および対象者をご確認ください。

〈乳幼児健診における感染予防対策について〉

1.受診にあたって
・受診者、保護者等付き添いの方およびその同居のご家族の方で、健診日から1週間以内に、風邪症状や発熱のある方(平熱より高い体温、あるいは37.5度以上の発熱)、新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性がある方(自主待機中も含む)、感染疑いのある方と接触した場合、海外渡航歴があり厚生労働省が示す待機期間内の場合は、受診を控えてください。
・付き添いは、できる限り最小限の人数でお願いします。
・お子さまを寝かせたときに敷くバスタオルをお持ちください。
マスクを着用してお越しください。
・受診前にご自宅で体温測定をお願いします。来場者全員の体温を問診票の右上にご記入の上、お越しください。
・健診会場の入場前に、体温および体調の確認を行い、手指消毒の後、入場していただきます。
・密閉、密集を防ぐため、少人数ごとに受付時間を区切って受付します。予約システムの受付番号によって受付開始時間が異なりますので、ご注意ください。
・受付開始時間より早めに来ていただいても入場できませんので、会場へは受付開始時間までにお越しください。

2.健診会場での感染予防対策について
・健診会場では、動線に配慮して人との接触を最小限にして行います。
・待合いは、他の方と2m以上あけてください。
・集団指導は行いません。
・個別相談の1人あたりの時間は最小限としますので、引き続き相談の希望がある方は、後日とさせていただく場合があります。ご理解いただきますようお願いします。

このページに関するお問い合わせ

健康管理課
電話:058-383-1115
健康管理課 健康管理係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。