各務原市洪水ハザードマップ

ページ番号1001201  更新日 令和3年3月29日

印刷大きな文字で印刷

各務原市洪水ハザードマップ

「各務原市洪水ハザードマップ」は、各務原市内に影響がある木曽川・長良川・境川・新境川・大安寺川・岩地川がはん濫した場合に、みなさんのお住まいの地域がどの程度浸水するおそれがあるかをお知らせするもので、浸水の想定される区域と程度、避難所などの情報を地図上に示したものです。なお、平成27年の水防法改正に伴い、浸水想定区域が見直されたため、各務原市では令和2年度に洪水ハザードマップを更新しました。

また、過去の特に被害の大きかった浸水実績も記載しています。掲載されている浸水実績につきましては、すべて内水はん濫によるものです。河川のそばでなくても、大雨時の浸水害の備えが必要です。避難所の確認や日頃からの準備のためにご活用ください。

洪水ハザードマップは想定する降雨量の違いから、以下の2種類のマップが存在します。

  • 計画規模降雨
    河川整備にあたり洪水防御の目標となる計画降雨により河川が氾濫した場合などを想定
  • 想定最大規模降雨
    想定し得る最大規模の降雨により河川が氾濫した場合などを想定

全域版

地域版

那加・蘇原地区

稲羽・川島地区

鵜沼地区

こちらから詳細な浸水想定区域図をご覧いただくことが可能です。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

防災対策課
電話:058-383-1190
防災対策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。