シティプロモーション

ページ番号1007930  更新日 令和3年6月17日

印刷大きな文字で印刷

このまちが、あなたのFAVORITEになれますように。Our FAVORITE Kakamigahara
「選ばれる都市」の実現に向けて、市のブランドイメージを確立し、移住定住人口の増加につなげるため、平成28年2月に「各務原市シティプロモーション戦略プラン」を策定しました。本戦略において、東海3県に居住している20~30代の若い世代をメインターゲット層に設定し、本市での「ちょっといい暮らし」を提案しています。

シティプロモーション戦略プランの推進

ブランドイメージ

まちの良さを市民自ら掘り起こし、再認識することで「まちへの誇り(シビックプライド)」を醸成し、「まちの魅力」として、市民自ら発信することで、まちのイメージ向上を図る「価値共創シティプロモーション」に取り組んでいます。

移住定住ウェブサイト「OUR FAVORITE KAKAMIGAHARA」

OFK_featureトップ画面

移住定住ウェブサイト「OUR FAVORITE KAKAMIGAHARA」では、市民がライターとなり、「まちの魅力」の掘り起こしや発信を行っています。

ドローンの映像活用

写真:ドローン・桜

ドローンを使って空中から撮影する映像素材を活用し、市民団体との協働により市のプロモーション動画を制作します。

移住定住総合窓口「KAKAMIGAHARA OPEN CLASS」の開設

写真:オープンクラス窓口

イオンモール各務原内に、各務原市への移住定住を考える方に向けたちょっといい暮らしの情報を発信する移住定住総合窓口、「KAKAMIGAHARA OPEN CLASS(かかみがはらオープンクラス)」を開設しました。窓口では、各務原市内の不動産会社と連携して、移住定住のための住まい探しをサポート。各務原市で活躍しているイノベーターのワークショップやトークセッションを通じて、暮らしや働くヒントを見つけます。

各務原市東京圏からの移住支援事業

写真:各務原市東京圏からの移住支援金事業


各務原市への移住・定住の促進および中小企業などにおける人手不足の解消に資するため、東京圏(埼玉県、千葉県、東京都および神奈川県をいう。以下同じ。)から市内に移住した方に対して、岐阜県と共同して最大100万円の移住支援金を支給します。

「関わり・つながり」による各務原市創生事業

「住宅事情」および「職業上」の理由による若い世代の流入が多い特性を踏まえ、近隣の東海三県や東京などの都市圏に向け、市の魅力発信とあわせて、移住定住促進事業、雇用人材確保事業などを展開することで、関係人口・移住者・労働力・まちづくりの担い手といったさまざまな「人材」を確保し、持続可能なまちを目指します。

各務原で働く魅力を切り取った「KAKAMIGAHARA CAREER DESIGN MAGAZINE」

「かかみがはらキャリアデザインマガジン」のイメージ写真

各務原市でいきいきと働く14人の若者にスポットをあてた「KAKAMIGAHARA CAREER DESIGN MAGAZINE(かかみがはらキャリアデザインマガジン)」を発行しました。

県内外の高校・大学で配布するほか、KAKAMIGAHARA OPEN CLASS(かかみがはらオープンクラス)や、商工振興課(産業文化センター6階)でも配布しています。




このページに関するお問い合わせ

広報課 シティプロモーション係
電話:058-383-7242
広報課 シティプロモーション係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。