新型コロナウイルス感染症に伴う市長メッセージ

ページ番号1006111  更新日 令和3年9月13日

印刷大きな文字で印刷

市長メッセージ(令和3年9月9日)

岐阜県では8月以降の急速な感染拡大を受け、さまざまな対策を講じてきました。8月25日には国の緊急事態措置区域の指定を受け、飲食店等に対する休業または時短営業の要請や、公共施設の原則休館や新規予約の停止など、感染防止対策の強化を図ってきたところです。
9月に入り、新規感染者数は減少傾向にあるものの、依然として第4波のピーク時を上回っており、これに伴う医療体制のひっ迫状況は厳しいものがあります。
また、市内においてもクラスターに関連する新規感染者の発生が続いており、感染力が非常に強いと言われているデルタ株の脅威に対して、厳しい対策を継続する必要があります。
このような現状を踏まえ、岐阜県に発令されている「緊急事態宣言」が9月30日まで延長されることになりました。
ワクチン接種をしても発症予防効果は100%ではありません。接種を済ませた方も含め、市民の皆様におかれましては、マスク着用、手指衛生、密回避、体調管理の徹底をお願いします。
すべての方が、気を緩めることなく対策を実践することが、感染拡大を抑えることに繋がります。ご自身やご家族など大切な人の命を守るためにも、我慢の日々が続きますが、ご理解とご協力をお願いします。
 

令和3年9月9日
 

市長メッセージ(令和3年8月27日)

岐阜県では8月以降の急速な感染拡大を受け、8月20日には国の「まん延防止等重点措置区域」の適用を受け、感染状況が深刻な各務原市を含む県内15市町で飲食店等に対する営業時間短縮などの対策を講じてきました。また、同日、市独自の「非常事態宣言」を発出し、県と連携して対策を強化してきたところです。
しかしながら、感染者数は高水準のまま推移しており、県内で連日300人以上の新たな感染者が確認されるなど、極めて厳しい状況が続いています。これにより医療のひっ迫が深刻さを増しています。
また、市内においてもクラスターの発生が相次いでおり、感染力が非常に強いと言われているデルタ株の脅威に対して対策を強める必要があります。
そのため、岐阜県は国の「緊急事態措置区域」の適用を受け、県内全域を対象に、8月27日から9月12日までの期間において対策をさらに強化することになりました。
ワクチン接種を済ませた方も含め、市民の皆様におかれましては、これまで以上に、あらゆる機会において、新型コロナウイルスが潜んでいることを意識し、基本的な感染防止対策の徹底を強くお願いします。
すべての方が、気を緩めることなく日々を過ごすことが必要です。感染拡大のピークを少しでも小さくするための要請であり、ご自身やご家族など大切な人の命を守るためにも、今しばらく我慢の日々が続きますが、ご理解とご協力をお願いします。
 

令和3年8月27日
 

市長メッセージ(令和3年8月20日)

首都圏を含む全国的な「第5波」感染拡大と同様、岐阜県でも8月に入ってから、感染力が極めて強いと言われているデルタ株の割合の高まりと共に感染拡大が急速に進んでいます。
各務原市においても、8月に入ってから新規感染者数の増加が続いています。8月17日には1日あたり過去最高となる33人、8月13日から19日の直近1週間においては125人の新規感染者を確認しました。これは、かつて経験したことのない危機的な水準であり、まさに感染爆発状態になっています。
さらに、8月以降、市内で「家族」、「会食」、「高齢者施設」が関連する3件のクラスターが確認されており、県内でも多くのクラスターが確認されています。これらにより、県内の病床、宿泊療養施設の使用率も急上昇しており、まさに医療崩壊の危機に直面しています。
このような状況の中、県は8月20日より国の「まん延防止等重点措置区域」の指定を受け、飲食店等への時短要請をはじめとするさまざまな感染拡大防止策の強化対策を実施する期間に入ります。
同日、開催された県の対策本部本部員会議において「新たな『第5波』緊急対策」を決定したところですが、各務原市においても市独自の「非常事態宣言」を発出し、岐阜県に適用される「まん延防止等重点措置」の実施期間である8月20日から9月12日までの間、県と連携し、次のような対策を実施します。
対策内容は3本柱です。1本目は、市民の皆様への徹底的な啓発です。本市初の「非常事態宣言」を発出することにより、更なる危機意識を醸成するため、防災無線、各種SNS、市ウェブサイトなど、あらゆる手段を活用してしっかりと啓発してまいります。
2本目は新型コロナウイルス感染症対策の決め手となるワクチン接種の推進です。本市ではこれまでも、医師会・歯科医師会・薬剤師会・各医療機関、職域接種の企業の皆様等の全面的な協力のもと、「オールかかみがはら」でワクチン接種に取り組んできました。今後も引き続き、市民の皆様に、円滑で速やかなワクチン接種の機会の提供に努めてまいります。
また、国からのワクチン供給が不透明な状況の中、少しでも接種機会を増やそうと、新たな動きも出てきています。職域接種の実施について、かねてより国と協議を行ってきた各務原商工会議所青年部の皆様が、会員向けに実施する接種枠の一部について、市民向けに提供してくれることになりました。
商工会議所青年部による職域接種は県内初の取り組みであり、感染爆発状態という危機的な状況を少しでも改善しようという思いからのものであり、まさに「オールかかみがはらの“底力”」を感じています。関係各位のご尽力に対し、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。
そして、最後の3本目としては、何といっても人流の大幅な抑制であります。市民の皆様にはご不便をおかけすることとなりますが、中央図書館や岐阜かかみがはら航空宇宙博物館、その他貸館等の休館や利用停止に加え、市が実施するイベントや講座の原則中止または延期といった、思い切った対応をとります。このような措置を講ずるのは、断腸の思いではありますが、現下の厳しい状況を踏まえた対応であり、ご理解とご協力をお願いします。
この市独自の「非常事態宣言」を発出することにより、この対策期間内に、何としてでも感染拡大を食い止めたい、そういう強い思いで宣言を発出しました。
市民の皆様には、今しばらく我慢の日々が続きますが、感染拡大のピークを少しでも小さくするため、お一人おひとりが感染症対策を踏まえた行動に徹するとともに、何よりもご自身や家族など大切な人の命を守らねばならないことを強く認識していただきますようお願いします。
 

令和3年8月20日
 

市長メッセージ(令和3年8月14日)

岐阜県では現在、全国各地で再拡大している状況と同様、新規感染者が急増しています。
8月中旬に入り、連日、新規感染者が100名を超える日が続き、感染爆発状態となっています。また、「デルタ株」による感染が急速に拡大しています。これに伴い、病床の使用率も上昇し、極めて深刻な事態が迫っています。
このままの状態が続けば、医療体制のひっ迫は必至であり、「救える命」にも影響が出兼ねません。
この感染拡大の要因としては、「人流の増加」があげられます。その背景には、夏休み期間に入り、帰省や旅行、そして出張など県域をまたいだ移動が増加し、その行動に由来する感染が多く確認されています。
このようなことから、岐阜県では“オール岐阜「生命(いのち)の防衛」宣言”を発出したところであり、今一度、基本的な感染防止対策(マスク着用、手指衛生、密回避、体調管理)の継続に加え、人との接触機会を極力減らす取組みを行うことを強くお願いします。
これは「人流を半減」させるための、いわゆる“セルフ・ロックダウン”であり、これらの行動自制は、自らの、そしてご家族の「生命を守る」ことに繋がります。
この夏休みの時期、帰省や旅行、レジャーについては、特に県域をまたぐものは中止または延期をしてください。出張についても、同様であり、その機会自体を減らすことも検討してください。そして、普段会わない人との会食についても、中止してください。
この先の感染拡大状況は予断を許さない状況です。感染拡大のピークを少しでも小さくするため、基本的な感染防止対策の徹底をするとともに、感染症対策の原点である「人との接触機会の減少」を心掛けた行動をとっていただくようお願いします。


令和3年8月14日

 

市長メッセージ(令和3年8月6日)

岐阜県では、6月20日に「まん延防止等重点措置」区域の指定が解除された後も、夏に向けたリバウンド阻止のため、途切れることなく、新型コロナウイルス対策に取り組んでいます。
一方、全国、特に首都圏に目を向けますと急速に感染拡大が進み、医療体制が極めてひっ迫している状況となっています。感染者が急増している地域においては、患者療養の方針を変更するなど、十分な医療が受けられない事態の発生が危惧されています。
今月に入り、岐阜県を取り囲む隣県でも感染拡大が進み、深刻な状況となっています。岐阜県の感染状況は現在、「ステージ2」を維持していますが、「ステージ3」の直前まで数値は上昇しており、隣県においても、軒並み「ステージ3」、「ステージ4」です。そして、岐阜県についても、徐々に感染数が増え始め、増加傾向が顕著(前週比2倍)となってきており、油断できない状況です。
最近の県内感染者の行動歴を見ると、「他県との往来」を伴うケースが多くなってきています。7月以降、実に感染者の約半数が県境をまたぐ帰省や旅行、出張などの行動歴があり、感染拡大地域をはじめ、県外からウイルスが持ち込まれている可能性が高い状況となっています。
また、ウイルスについても「デルタ株」への置き換わりが進み、従来株よりも感染力の強いとされる「デルタ株」の脅威が確実に迫っています。
このような状況を踏まえると、岐阜県も含め、全国的に第5波の中にあると言えます。これまでの経験上、岐阜県の感染拡大は、首都圏をはじめ、大都市圏の感染拡大から少し遅れて発生しています。今後、岐阜県においても感染爆発が発生し、これまで堅持してきた「自宅療養ゼロ」の維持が困難な事態に陥る可能性もあります。そのため、県においては宿泊療養施設のさらなる確保や機能強化が進められるところでありますが、まずは新たな感染者を発生させない努力が大切であり、そのためにも基本的な感染防止対策の継続と徹底をし、自らの命を守る行動を続けることが重要です。
ワクチン接種事業についても、国からのワクチン供給量に応じて、できる限りの接種体制を提供していきます。9月以降は公共施設等での集団接種の再開を検討しており、8月下旬にはその予約開始ができるよう準備を進めていますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いします。
ここにきて高齢者の方の感染割合が減少してきています。本市においても、医師会や歯科医師会、薬剤師会の方々、そして医療機関の皆様などのご協力をいただき、「オール各務原」で事業を推進した結果、7月末までに希望するすべての高齢者の方へのワクチン接種を完了させる事ができました。あらためて関係各位のご尽力に御礼申し上げます。
高齢者の方についてはワクチン接種の効果が出てきていますが、ワクチンを接種したからといって感染しないわけではありません。接種を終えた方も、引き続き万全の感染防止対策を行っていただきますようお願いします。
さて、これからお盆を迎え、人流の増加が懸念されます。そして、お盆の後に感染拡大のピークが来る恐れがあります。そのピークを少しでも小さくするため、基本的な感染防止対策の徹底をするとともに、お盆期間中は感染症対策の原点である「人との接触機会の減少」を心掛けた行動をとっていただくようお願いします。


令和3年8月6日

 

市長メッセージ(令和3年7月20日)

新型コロナウイルス感染症にかかる「ワクチン接種」についてお知らせします。
現在、希望するすべての市民の皆様への円滑なワクチン接種に向け、各務原市医師会、歯科医師会、薬剤師会、そして各医療機関の皆様からのご協力を得て、全力で取り組んでいます。
本市では、7月2日(金曜日)までに、16歳以上のすべての市民の皆様にワクチン接種券を配布しております。
7月19日(月曜日)時点で、市民全体の1回目接種率は38.2%、65歳以上の高齢者に限っては87.1%となり、国が求める「希望する高齢者の7月末までの接種」について目途が立ちました。
改めて、ワクチン接種に携わってきたすべての関係者の皆様に御礼を申し上げます。
さて、報道にもある通り、7月からのワクチン供給量が減少してきております。本市は、これらを見越して、早めに集団接種会場の予約停止の措置を取りましたが、ワクチン確保に全力で対応したことなどが功を奏し、来週7月26日(月曜日)から、東海中央病院において、集団接種を再開することができる状況になりました。
対象は「基礎疾患を有する方」としておりますが、明日からは60歳から64歳の「基礎疾患を有しない方」についても予約を開始しますので、接種を希望される方は、早めの予約をお願いします。
今後、本市としては、8月以降の国からのワクチン供給量を考慮しつつ、9月からの公共施設での集団接種の再開を検討してまいります。
なお、12歳から15歳までの方の接種券については、現在、市医師会と調整中です。接種券の配布時期など、改めてお知らせします。
また、現在、市内企業においても、職域によるワクチン接種が進められております。今後、さらに多くの企業においても職域接種が開始される予定との事であり、企業の皆様方のワクチン接種へのご協力に対し、感謝申し上げます。
引き続き、関係各位のご協力を得て、「オールかかみがはら」で、希望するすべての市民の皆様への円滑なワクチン接種に向け邁進してまいります。
梅雨も明け、夏本番となりました。子どもたちが楽しみにしている夏休みも始まります。そして、いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピックも開催されます。
一方、東京都を中心とした大都市では感染者数の増加傾向が顕著となり、感染再拡大が懸念される状況となっています。7月下旬から8月までの期間が、まさに新型コロナウイルス感染症対策の“山場”となります。
この夏の期間の感染拡大を少しでも抑えるため、ワクチンを接種された方も含め、市民の皆様においては基本的な感染防止対策の徹底、そして継続をお願いします。


令和3年7月20日

 

市長メッセージ(令和3年7月5日)

岐阜県では、6月20日までの「まん延防止等重点措置」区域の指定解除後も、第4波の終息を目指し、さまざまな対策を実行するなど、警戒を緩めることなく対応してきました。
その成果が徐々に表れ、現在、新規感染者の発生も低い水準に抑えられ、病床使用率や重症者数も減少するなど、医療現場の負担感は改善されてきています。
このように、状況の改善が確認されたことにより、飲食店等に対する営業時間短縮の要請は7月4日をもって解除されました。さまざまな感染拡大防止対策の徹底など、市民の皆様、お一人お一人が可能な限りの努力を重ねた成果であり、あらためて感謝いたします。
しかしながら、感染症が終息したわけではありません。昨年の「第2波」においては、夏休み・お盆休みの「人流の活発化」が大きく影響しました。これから本格的な夏を迎えるにあたり、次の感染の波を発生させないよう、感染再拡大(リバウンド)のリスクに対して、気を緩めることなく行動することが必要です。ワクチンを接種した方においても、マスクの着用、手指衛生、密の回避、体調管理など、引き続き、自らの命を守るための行動を徹底していただくようお願いします。
そして、感染力の強い「デルタ株」が疑われるクラスターの発生など、新たな脅威が身近に迫ってきています。このような状況の中、県では夏に向けたリバウンドを阻止する対策を決定し、まずは「本格的な夏」の到来を迎える7月21日までを実施期間として取り組みを開始しました。基本的な感染防止対策の徹底、東京オリンピック・パラリンピックに係る対策の実行のほか、着実なワクチン接種の推進に向けた行動を行っていきます。
また、本市のワクチン接種については、7月末までに希望する65歳以上のすべての高齢者の方への接種完了を目指して進めてきましたが、既に約8割の高齢者の方が1回目の接種を終えるなど、概ねの目途が立ちました。これは、今年の5月から本格的にスタートしたワクチン接種事業に対し、医師会や歯科医師会、薬剤師会の方々、そして医療機関の皆様など、「オール各務原」で取り組んでいただいた成果であり、あらためて関係各位のご尽力に対して感謝申し上げます。
ワクチンの確保と着実な接種をはじめ、さまざまな感染防止対策を継続していかなければならない状況の中、危機管理の責任者として、私自身が先頭にたって全力で対応していくためにも、7月4日に市集団接種会場で発生した余剰ワクチンを活用して、私も一回目のワクチン接種を行いました。
市政運営の最終責任者という立場にあり、この先もコロナ対応の陣頭指揮をとり続け、何としてでも市民の皆様の命と健康を守っていく決意をもってワクチンを接種しましたことをご報告いたします。
さて、3月下旬以降に感染者の増加が認められた第4波の発生中は、とにかく感染防止対策に力を入れてきました。決して油断はできませんが、ワクチン接種事業に代表される感染症対策と並行して、ポストコロナを見据えた社会活動、経済活動の両立にも目を配る必要があります。コロナ禍の状況を適切に見極め、知恵を出して適時適切な施策を打ち出していくことが極めて重要であり、その対応について検討を始めています。
現在、新規感染者の発生、病床使用率など各種指標の状況は落ち着いていますが、この先の、社会・経済活動を円滑に再開していくためにも、引き続き、基本的な感染防止対策の徹底を継続していただくよう、重ねてお願いします。


令和3年7月5日

 

市長メッセージ(令和3年6月21日)

岐阜県では、第4波の到来を認識して以降、その感染拡大を食い止めるため、4月23日に県独自の第4波非常事態宣言を発出して取り組みを開始しました。その後、5月7日には国の「まん延防止等重点措置区域」の指定を受け、飲食店等への時短要請をはじめとするさまざまな感染拡大防止策の強化に取り組んでまいりました。
この間の状況を振り返りますと、岐阜県は5月中旬に新規感染者数、病床使用率ともにステージ4.「感染爆発段階」という深刻な状況に直面しましたが、その後、感染状況は徐々に改善し、岐阜県が独自に掲げる「自宅療養者ゼロ」を堅持することができています。これまでの市民の皆様の粘り強い取り組みに感謝いたします。
状況の改善が認められたことにより、岐阜県の「まん延防止等重点措置区域」の指定は6月20日をもって解除されましたが、第4波は決して終息したわけではありません。
依然として重症患者は多く、医療現場の負担は軽減していません。そして、従来のものよりも感染力が強いと言われる変異株の脅威と、これから本格的な夏を迎え、レジャーや帰省など人流が活発になることが容易に想像できます。このような事から、警戒を緩めてよい状況にあるとは言えません。
そのため、岐阜県ではさまざまな感染防止対策を継続します。特に新規感染者の発生が断続的に確認されている地域や、生活圏域の状況などを考慮し、県内の6市を対象に飲食店の時短要請が継続されます。
各務原市はこの時短要請の対象となる市に含まれており、7月4日までは、市内の飲食店等の営業時間を21時までに短縮(酒類の提供は20時まで)することが要請されます。飲食店等の皆様には引き続きのご協力をお願いするとともに、市民の皆様にもご理解をお願いします。
また、ワクチン接種に関しては、市医師会、歯科医師会、薬剤師会、そして市内の医療機関の皆様の全面的なご協力により、国や県の方針である、「希望する高齢者の方に、7月末までに2回接種」に対して、一定の目途がついたところです。「オール各務原」で取り組んでいる成果であり、あらためて関係各位に感謝いたします。このように、高齢者の方へのワクチン接種は比較的順調に進んでいますが、その先に、高齢者接種の2倍の対象者数にのぼる一般接種が控えています。こちらにつきましても、円滑に進められるよう、市の総力を挙げて全力で取り組んでまいります。
一時の危機的な状況を乗り越え、ワクチン接種も加速してきたところでありますが、市民の皆様におかれましては、マスクの着用、丁寧な手洗いや手指消毒、人との距離の確保、三密の回避など、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。これらの基本的な感染防止対策は、変異株の感染防止にも有効です。そして、ワクチンを接種した方も、決して油断せず感染防止対策を継続してください。
新規感染者の減少、そして病床使用率をさらに下げ、「自宅療養者ゼロ」を堅持できるよう、この先も粘り強く対策を続けていただきますようお願いします。


令和3年6月21日
 

市長メッセージ(ワクチン接種予約のお願い)令和3年6月9日

新型コロナウイルス感染症にかかる「ワクチン接種」についてお知らせします。
市では、65歳以上のすべての皆さんにワクチン接種券をお送りし、既に集団接種会場での予約がスタートしています。予約に関するお電話が一時的に集中し、コールセンターの電話がつながりにくい状況が続いていました。ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。
このような事態を踏まえ、本日より6月11日(金曜日)までの間、ワクチン接種予約のコールセンターを増設して対応を強化しました。 (電話 058-383-7219)
また、6月11日(金曜日)まで、市内4カ所(西ライフデザインセンター、中央ライフデザインセンター、川島ライフデザインセンター、東保健相談センター)で、インターネットを利用して予約することに不安がある方を対象に、市職員による予約サポートを行っております。スムーズな予約のお手伝いをさせていただきます。こちらも是非、ご活用ください。
現在、市では十分なワクチンと予約枠の準備が出来ておりますので、ご安心ください。
この先も、65歳以上のワクチン接種を希望するすべての方が7月中に接種の完了ができるよう、市医師会、市歯科医師会、市薬剤師会等とともに、オール各務原で取り組んでまいります。ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

令和3年6月9日

 

市長メッセージ(令和3年5月28日)

岐阜県では、第4波の感染拡大を食い止めるため、4月23日に県独自の「第4波」非常事態宣言を発出し、その対策の取り組みを開始しました。その後、5月7日には国の「まん延防止等重点措置区域」の指定を受けて対策の追加と強化を実施してきたところです。
しかしながら、この間、県内の新規感染者数が一日あたり100人を超えるような高水準の日が一定期間続き、病床使用率が日増しに増加するなど、危機的な状況となりました。
5月下旬に新規感染者数は徐々に減少傾向に転じましたが、重症者数も第3波のピークを超えており、まだまだ油断できない状況です。ここで対策を縮小し、行動が活発になれば、感染が再拡大することはこれまでの経験から明らかです。
このような状況の中、岐阜県に適用されている「まん延防止等重点措置」が、6月20日まで延長されることになりました。あらためて、継続される対策のうち、特に市民の皆様、事業者の方々に関わりが深いものを以下に記します。

「新しい行動様式」の徹底

大前提として「基本的な感染防止対策(マスク・手指衛生・三密回避・体調管理)」の継続徹底を。

市民の皆様へ

外出移動の自粛 (特に若者の方)
  • 日中を含めた不要不急の外出・移動の自粛
  • 県をまたぐ不要不急の移動も控える。特に、愛知県をはじめ、緊急事態措置区域およびまん延防止等重点措置区域との往来を自粛
飲食対策
  • 感染防止対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用自粛
  • 飲食は、自宅を含めて、大人数を避けて短時間で
  • 深酒をせず、大声を出さず、会話時はマスクを着用。家族やパートナーであっても警戒を
  • 路上、公園などにおける集団での飲酒等の感染リスクが高い行動の禁止、バーベキューなどの自粛

飲食店をはじめ、すべての事業者の皆様へ

飲食店などに対する営業時間の短縮要請
  • 対象期間:6月1日(火曜日)から6月20日(日曜日)
  • 要請内容:営業時間の短縮 5時から20時まで
    終日、酒類の提供を行わないこと (利用者による酒類の店内持ち込みも含む)
    カラオケ設備の利用自粛
  • 協力金:全期間要請に応じた場合のみ支給
行政による飲食店の見回り調査を強化し、要請に応じない店舗に対しては、特措法に基づく命令、過料の手続きがありうることを前提に再要請
飲食店などのほか、その他の業種に対しても、一定規模を超える店舗等に対しては営業時間短縮要請等を要請

すべての市民の皆様とともに、「まん延防止等重点措置」の対策を継続していく必要があります。これまで、マスクの着用、丁寧な手洗いや手指消毒、人との距離の確保、三密の回避など、基本的な感染防止対策の徹底をお願いしてきました。繰り返しになりますが、これらの基本的な感染防止対策は、変異株の感染防止にも有効です。引き続き、「新しい行動様式」の徹底をお願いします。
ワクチンを接種した方においても、発症予防効果は高いものの、100%ではないため決して油断せず、感染防止対策を継続してください。この先も粘り強く対策を続け、新規感染者の減少、そして病床使用率を下げ、「自宅療養者ゼロ」を堅持できるよう、ご理解、ご協力をかさねてお願いします。
また、感染防止対策の継続と強化を図ると同時に、ワクチン接種についても、「オール岐阜」で迅速かつ円滑な接種体制を確立していきます。
各務原市のワクチン接種体制についても、市医師会や医療機関の皆様の全面的なご協力のもと、集団接種会場の増設を行いました。また、集団接種の一部の予約枠に加え、個別接種においても、予約受付開始日を前倒すなど、少しでも円滑な接種を行えるよう随時、新たな手を打ってきています。
そして、さらにワクチン接種を加速させるため、岐阜県が設置を検討している大規模接種会場も最大限、市民の皆様に活用していただけるよう、岐阜県と協議を進め、「各務原市民の接種日」の確保に努めているところです。
市では、ワクチン接種を希望する皆様全員に接種していただくワクチン量を確保していますので、どうぞご安心ください。この先もワクチン接種事業を円滑に進めるため、市も全力をあげてワクチン接種業務にあたっていきます。引き続き、皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願いします。

令和3年5月28日
 

市長メッセージ(令和3年5月9日)

岐阜県では「第4波」の感染拡大を受け、4月23日に県独自の「第4波非常事態宣言」を発出し、非常事態対策を実行してきました。
しかしながら、直近の感染状況を見ますと、県内の新規感染者数は高い水準で推移しており、一日あたりの新規感染者数が過去最高を更新したほか、病床使用率も日に日に上昇するといった大変厳しい状況です。
岐阜県が掲げる「自宅療養者ゼロ」が困難になる深刻な事態に陥ることは、何としてでも避けなければなりません。
このような状況を踏まえ、5月7日には新型インフルエンザ等対策特別措置法第31条の4の規定に基づく「まん延防止等重点措置」区域の指定を受けました。
これを受け、県は既に実施している飲食店等への営業時間の短縮要請の対象である県内16市町を、改めて重点措置を講じるべき区域としました。各務原市はこの対象市町に含まれており、法の裏付けを得て対策が強化されます。
これ以上の感染拡大を防ぐため、まん延防止対策を追加して進めていくことになりました。以下に、追加された対策のうち、特に市民の皆様に関わりが深いものを記します。

対策1 飲食対策
【飲食店等向け】
(1) 飲食店等に対する営業時間の短縮要請
• 対象期間: 5月9日(日曜日)から5月31日(月曜日)までの23日間
( ただし、5月9日(日曜日)から5月11日(火曜日)は猶予期間)
• 要請内容: 飲食店等の営業時間の短縮 5時から20時まで
• 対象エリア: 各務原市を含む県内16市町
• 協力金: 全期間、時短を実施した場合のみ、協力金を支給。以下の要件が追加されます。
• 条件:終日、酒類の提供を行わないこと。 カラオケ設備の利用自粛。
(2) 時短要請対象区域内すべての飲食店等に対し、酒類の提供を行わないよう要請
(3) カラオケ設備を有する県内すべての店舗において、利用自粛を要請
【市民向け】
(1) 感染防止対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用自粛要請
(2) 自宅を含めて、大人数・長時間での飲酒の自粛要請
(3) 河川敷等におけるバーベキューの自粛要請(河川敷等への進入路を閉鎖)

対策2 外出移動の自粛(特に若者)
(1) 日中を含めた不要不急の外出・移動の自粛
(2) 愛知県をはじめ、緊急事態措置区域およびまん延防止等重点措置区域との往来自粛
(3) 電車やバスなどの交通事業者に対して、乗車時のマスク着用の徹底を依頼

すべての市民の皆様とともに、「オール各務原」で全力をあげ、まん延防止対策に取り組んでいく必要がありますので、ご理解、ご協力をお願いします。
なお、これらの取り組みと並行して、希望されるすべての市民の皆様にワクチンを接種していただけるよう、医療機関の皆様の全面的なご協力のもと、市も大幅に人員体制の強化を行い、オール各務原でワクチン接種業務に対して全力であたっています。
既に高齢者施設の従事者や入所者の方の接種が開始されており、いよいよ5月15日からは高齢者の方の集団接種、その後、身近で通いなれた「かかりつけ医」で接種する個別接種も順次、スタートしてまいります。
この先もワクチン接種事業を円滑に進めるため、市民の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、かさねてお願いします。

令和3年5月9日
 

市長メッセージ(令和3年4月26日)

全国的に、新型コロナ「第4波」が今までの波をはるかに上回るスピードで急拡大しています。その最大の要因が「変異株」であり、特徴として感染力が極めて高く、重症化する可能性が高いことが指摘されています。
県においても、急速に「変異株」の陽性率が上昇しており、3月末から4月初めにかけては、2~3割であったものが、その後の1週間で「62%」へと倍増しました。これは2週間前の大阪府と同水準であり、まさに今が、「感染の急拡大」となるか、踏みとどまるかの瀬戸際であります。
このような状況を受け、県では変異株の脅威から市民、県民の皆様の命を守るため、4月23日に「第4波」 非常事態宣言を発令しました。
急増している変異株ですが、この変異株に対しても、基本的な感染防止対策(マスク、手指衛生、三密回避、体調管理)を徹底していただくことで、感染を防止することが出来ます。大型連休には、県内外からの帰省やレジャーなど、人の流れが活発化し、「密」になる機会が増えることが予想されますが、基本的な感染防止対策を徹底し、慎重な行動をお願いします。
さらに、4月26日(月曜日)から5月11日(火曜日)までを期間として、飲食店などに対し、営業時間を20時までに短縮すること、そして、酒類の提供は19時までにすることを要請します。これ以上の感染拡大を防ぎ、ここで踏みとどまるためには、市民の皆様、そして事業者の方々のご協力が不可欠です。何卒ご理解を賜りますようお願いします。
また、感染は若者にも拡がっています。若者は、死亡率は低いものの、倦怠感や脱力、味覚障害、脱毛などといった後遺症に苦しむ例が多数報告されています。若者であっても、新型コロナの脅威から逃れられません。そして、若者から高齢者への感染は、何としてでも断ち切らなければなりません。
これ以上の感染拡大を防ぎ、ここで踏みとどまるためにも、すべての世代の皆さんが感染防止対策を徹底した行動を継続していただくことが大切です。今しばらく我慢の日々が続きますが、ご自身や大切な人、そして社会を守るための取り組みを継続していただきますようお願いします。

令和3年4月26日
 

市長メッセージ(ワクチン接種予約のお願い)令和3年4月14日

新型コロナウイルス感染症にかかる「ワクチン接種」についてお知らせします。
市では、希望されるすべての市民の皆さんにワクチンを接種していただけるよう、関係機関の皆様の全面的なご協力により、オール各務原で接種実施に向けた準備を全力で進めています。
市民の皆さんが、ワクチンを接種するには「接種券」が必要になります。各務原市ではまず、75歳以上の皆さんに、4月15日(木曜日)に「接種券」を発送します。接種券が届きましたら、予約の開始日を確認し、各自で電話かインターネットで予約をしていただきます。
ここで、市民の皆さんにお願いがあります。
市内には、75歳以上の方が、約2万人いらっしゃいます。ワクチンについては、接種を希望される方全員が接種できる数量が確保されておりますが、当面の間、各務原市へのワクチンの供給量が限定的となるため、接種予約の開始当初は、大変混雑することが予想されます。予約時の混乱を少しでも避けるため、年齢を区切り、接種予約の開始日を設定させていただきました。
例えば、90歳以上の方は、接種予約の開始が、集団接種は4月26日(月曜日)から、かかりつけ医で接種する個別接種は5月17日(月曜日)からになります。
85歳から89歳までの方は、集団接種は5月6日(木曜日)、個別接種は5月24日(月曜日)から接種予約を開始します。その後も、年齢別で接種予約の開始日を設定しています。詳しくは、接種券に同封する「ピンク色の案内文書」をご確認ください。ご自身の接種予約の開始日をご確認のうえ、予約していただきますよう、ご協力をお願いします。
そして、65歳から74歳までの皆さんへの接種券の送付は、5月下旬を予定しておりますので、今しばらくお待ちください。ワクチン接種事業を円滑に進めるためには、市民の皆さんのご協力が必要不可欠です。ご理解を賜りますようお願いします。(年齢は令和3年度末時点)
また、全国各地で感染が急増しています。岐阜県でも3月下旬以降、新規感染者数の増加、特に感染力が強い変異株も増加しており、「第4波に入った」といえる状況であります。市民の皆さんにおかれましては、引き続き基本的な感染防止対策を確実に実施していただくとともに、大型連休を控えて、リスクの高い会食や旅行などの自粛をお願いします。

令和3年4月14日
 

市長メッセージ(令和3年3月18日)

西部方面消防署において、延べ5名の消防職員が新型コロナウイルス感染症に感染していることが確認され、昨日3月17日(水曜日)、クラスターが発生したと認定されました。
これまで、感染防止対策を徹底しておりましたが、職員の感染、そしてクラスターの発生となり、市民の皆様に多大なるご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。
今後につきましては、県および保健所の指示に従い、感染拡大防止の徹底を図るとともに、市内の消防署、分署、出張所の全体で応援体制を敷き、市民の皆様の生命と財産を守る役割を担う消防業務、救急業務が低下することのないよう、全力で対応してまいります。

令和3年3月18日
 

市長メッセージ(令和3年3月1日)

国は、新規感染者数の動向や病床使用率の減少を踏まえ、岐阜県を含む6府県について、3月7日までとしていた「緊急事態宣言」を2月末に前倒しをして解除しました。
これは、ひとえに市民の皆さん、事業者の皆様が感染防止対策を徹底し、継続して努力していただいた成果であり、心より感謝申し上げます。
しかしながら、新型コロナウイルス感染症が収まったわけではありません。再び感染拡大をおこさないためにも、ここで気を緩めることなく、3月1日以降も引き続き、県独自の「感染再拡大防止対策」を実施していきます。
具体的には、飲食店に対する時短要請を段階的に緩和し、3月1日から7日までの間は、営業時間を21時まで、酒類の提供については20時までにすることを要請します。
また、年度末を控えたこの時期、リスクを伴う飲食につながる卒業式の2次会、歓送迎会、そして花見などは回避していただきますようお願いします。また、卒業旅行を楽しみにしている方も多いと思いますが、若い世代の方々が感染に気付かず活発に移動することにより、高齢者等に感染を広げるリスクがあることから、こちらにつきましても自粛をお願いします。
この年度末の高感染リスクとなる行動回避のほか、リスクを伴う飲食の自粛、不要不急の外出自粛、県をまたぐ不要不急の移動自粛など、徹底した感染防止対策を継続していただきますようお願いします。
ご自身や大切な方、そして社会を守るためにも、みんなで心をひとつに「オール各務原」で、感染の再拡大を防いでいきましょう。

令和3年3月1日
 

市長メッセージ(令和3年2月5日)

1月14日に、国の緊急事態措置を実施すべき区域に岐阜県が指定されて以降、「オール岐阜」で感染防止対策を徹底して実施してまいりました。
市民の皆さん、そして事業者の皆様のご理解とご協力により、1日あたりの新規感染者数は県が目標としていた50人を切るところまで減少してきました。皆様一人ひとりがご自身の行動を見直し、我慢を続けていただいた成果であり、心より感謝申し上げます。
しかし、一方で病床使用率は高い水準で推移しており、医療機関に大きな負荷がかかっています。
このような状況のなか、政府は今月2日、岐阜県を含む10都府県について緊急事態措置の実施期間を3月7日まで延長することを決めました。引き続き、県では「自宅療養者ゼロ」を堅持し、県民・市民の皆さんにとって必要な医療体制を確保するとともに、持続可能な経済活動ができる環境整備に向け、対応の強化を図っていきます。
市民の皆さんにとって安心な医療体制を確保し続けるために、新規感染者数をさらに抑え込んでいく必要があります。特に、リスクを伴う飲食の自粛、不要不急の外出自粛(特に夜8時以降)、県をまたぐ不要不急の移動自粛など、今一度、徹底した感染防止対策を継続していただきますようお願いいたします。
また、政府が新型コロナウイルスの感染症対策の「決め手」と位置づけているワクチンの接種についても、円滑な接種に向け、その体制整備を急ピッチで進めています。
すべての国民にワクチンを提供するという国家プロジェクトです。市も医師会の先生方をはじめ、この事業に関わる方々としっかりと協力体制を築き、すべての市民の皆さんに、安全で有効なワクチンを確実にお届けできるよう、市を挙げて万全の体制で臨んでまいります。
我慢が続きますが、気を緩めることなく、みんなで心をひとつに「オール各務原」で感染防止対策に取り組み、この難局を乗り越えましょう。

令和3年2月5日
 

市長メッセージ(令和3年1月14日)

岐阜県では、昨年12月以降の感染者急増の状況に歯止めをかけるべく、1月9日に県独自の「非常事態」を宣言し、「非常事態緊急対策」を実施し、これ以上の感染者の増加を抑え込むための取り組みを開始しています。
そして、1月14日からは新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態措置を実施すべき区域として岐阜県が加えられました。昨年の4月に発令されて以来、2回目の「緊急事態宣言」発令です。
県では、既に1月9日以降、独自に対策を強化しているところでありますが、国の緊急事態宣言の発令を受け、より強い対策を進めることになります。
以下に、特に市民の皆さんにご協力をお願いしたい「行動変容」の概要を記します。市民の皆様方におかれましては、今一度ご確認をいただき、一層の感染拡大防止にご協力をお願いします。

(1) リスクを伴う飲食の自粛
 ・ 昼夜を問わず、自宅・外食を問わず、以下の飲食については自粛。
 • 家族やパートナー以外との飲食
 • 長時間の飲食
 • 酒類を伴い、大声を出す飲食
 • マスク無しで会話を伴う飲食など
 • 「GoToイート」の既発行食事券の利用自粛。
(2) 不要不急の外出自粛(昼夜を問わず、特に夜8時以降) 特措法第45条第1項
 ・ 医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものについては、自粛要請の対象外。
(3) 県をまたぐ不要不急の移動自粛 特措法第45条第1項
 ・ 特に、緊急事態措置を実施すべき区域の都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、福岡県、栃木県)に対しては移動自粛を徹底。

このような非常事態にあって、岐阜県では感染された方の「自宅待機ゼロ」を堅持し、県民・市民の皆さんにとって安心な医療の確保をすること、そして、持続可能な経済活動ができる環境整備に向けた対応を進めています。
これ以上の感染者を何としてでも抑え込んでいかなければなりません。そのためには、何より県民・市民の皆さんの行動変容、そして事業者の皆様のご協力が不可欠です。
2月7日までの約1か月間、「オール岐阜」・「オール各務原」で緊急事態対策に取り組み、この難局を乗り越えましょう。
皆様お一人おひとりが行動を見直し、対策を徹底いただきますよう、お願い申し上げます。

令和3年1月14日
 

市長メッセージ(令和3年1月9日)

岐阜県では、昨年12月の1か月間の新型コロナウイルス感染症の陽性者数が1,220名となりました。これは昨年の2月に県内で最初の陽性者が確認されてから11月末までの陽性者の総数(1,072名)を超える人数です。感染リスクの高い飲食の場におけるクラスターが多数発生しており、さらには家庭内や職場、学校など、日常のあらゆる場面で感染が増加しています。
このまま推移すれば、感染爆発、医療体制の崩壊が強く懸念される大変厳しい状況です。これを受け、1月9日に、県は独自の「非常事態宣言」を発令し、緊急対策を実施することとしました。
具体的な対策の一つは、県下全域において要請されるものであり「オール岐阜」での対応となる「酒類提供の飲食店に対する営業時間短縮の要請の期間延長と内容の強化」です。1月12日から2月7日までの27日間、20時までの営業とすること、そして、酒類の提供は19時までにすることを要請します。
これ以上の感染者を何としても抑え込んでいく必要があります。そのためには事業者の方のご協力が不可欠です。ご理解を賜りますようお願いします。
そして市民の皆様の行動変容もお願いします。これ以上の感染拡大を防ぐため、特に以下の点についてご協力をお願いします。
1. リスクを伴う飲食の自粛
 ● 昼夜を問わず、自宅・外食を問わず、以下の飲食については自粛
 ・家族やパートナー以外との飲食
 ・長時間の飲食
 ・酒類を伴い、大声を出す飲食
 ・マスク無しで会話を伴う飲食 など
2. 不要不急の外出自粛
 ● 昼夜を問わず、特に夜8時以降の外出自粛
3. 県をまたぐ不要不急の移動自粛
 ● 緊急事態措置を実施する1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)、愛知県および関西2府1県(大阪府、京都府、兵庫県)に対しては移動自粛を徹底

繰り返しになりますが、感染拡大を防ぐためには、市民の皆様の行動変容、そして事業者の皆様のご協力が不可欠であります。
2月7日までの約1か月間、「オール岐阜」・「オール各務原」で緊急対策を実施し、感染者を何としても抑え込んでいきましょう。皆様お一人おひとりが行動を見直し、対策を徹底いただきますようお願い申し上げます。

令和3年1月9日
 

市長メッセージ(新成人の皆さんへ)令和2年12月28日

成人を迎えられる皆さん、誠におめでとうございます。
節目の年を迎え、成人として、力強く、たくましく成長してくれることを期待しています。
この晴れの日をよい思い出にするためにも、新成人の皆さんにお願いします。
成人式の日、またはその前後に、共に学んだ友人との同窓会や旧交を温める機会を計画している方も多くいらっしゃるかと思いますが、感染拡大を抑えるためにも、大人数(5人以上)での会食を控え、感染リスクが高まる「5つの場面」は徹底的に避けるようお願いします。
社会人として歩き出す節目となる大切な一日。皆さんと、皆さんの大切な人を守るためにも、成人としての自覚ある行動をお願いします。
成人式の当日、式典会場で皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

令和2年12月28日
 

市長メッセージ(令和2年12月18日)

11月以降、新型コロナウイルス感染症の感染者が急増しています。県内の感染者数は累計1,600人を超え、入院患者数も200人を超える日が続くなど、第2波のピーク時を大幅に上回り、これまでに経験したことのない感染拡大に直面しています。
市民の皆様の命を守り、医療崩壊を防ぐためにも、今、感染拡大を抑える取り組みに力を入れることが重要であり、県下では新型コロナウイルス感染症「第3波 年末年始 集中緊急対策」を実施しています。
その取り組みの一つとして、本日18日(金曜日)から、岐阜県は酒類の提供を行う飲食店への営業時間短縮を要請いたします。
要請期間は来年1月11日(月曜日)までの25日間。期間中は、午後9時以降の休業を要請することになります。飲酒を伴う会食の機会が増える年末年始。例年であれば親族や親しい友人たちと旧交を温め、親睦を深める特別な時期であると思いますが、今年は十分に警戒をしてください。
これ以上の感染拡大は医療体制ひっ迫の危機に拍車をかけることになります。感染者を今以上に増やさないためにも市民の皆様、そして飲食店の皆様にもご理解とご協力をお願いいたします。
そして感染リスクが高まる年末年始の「行動」についても、最大限の警戒感をもって、感染防止対策の徹底をお願いします。感染拡大の防止には、お一人おひとりが確実に感染防止対策を行うことが重要です。マスクの着用、手洗い・手指消毒、人との距離の確保など、基本的な感染防止対策の徹底をするとともに、以下に掲げる事項へのご理解とご協力をお願いします。

【年末年始を迎えるにあたって、特にご協力いただきたいこと】
○ 県をまたぐ不要不急の往来の自粛
・ 県をまたぐ「旅行」の自粛、「帰省」についても自制を。
・ 特に「忘年会」、「クリスマス」、「初詣」、「新年会」、「成人式の2次会」等で、感染リスクが高まる場面は徹底回避を。
○ 飲食に関する対策
・ 「酒類の提供を行う飲食店」への営業時間の短縮を要請します。
・ 「家族以外の大人数(5人以上)での飲食」の自粛を。
・ 午後9時以降の「酒類を伴う飲食」、「接待を伴う飲食店利用」の自粛を。

感染者数が増え、大変過酷な状況のなか、昼夜を問わず、医療現場の最前線で、検査や治療のために懸命に従事していただいている医療関係者の皆様には、心より感謝と敬意の意を表します。
私たちが闘っているのは、人ではなく「ウイルス」だということを忘れず、これ以上の感染拡大を抑え、医療崩壊を防ぐため、年末年始におきましても、市民の皆様お一人おひとりが自分に出来得る最大限の感染防止対策を行っていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

令和2年12月18日
 

市長メッセージ(令和2年12月8日)

本日12月8日(火曜日)、都市建設部建築指導課の職員1名の新型コロナウイルス感染症の感染が確認されました。そのため、来庁者の安全、安心を確保する観点から、産業文化センター5階にある建築指導課の業務を同日の午後3時30分から停止し、消毒作業を行いました。
緊急的な措置とはいえ、ご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 

当該職員は12月5日(土曜日)以降出勤しておらず、保健所の判断では、職場内に濃厚接触者に該当する者はおりませんでしたが、感染拡大の防止を徹底するため、当該職員と関わった職員は経過観察のため自宅待機としました。
建築指導課の業務につきましては、明日12月9日(水曜日)から、業務を縮小し再開します。

市民の皆様の安全・安心を守る立場として、今まで以上に、感染防止対策の徹底に努めてまいります。市民の皆様におかれましても、改めて新型コロナウイルスが身近に存在していることを意識していただき、より一層の感染拡大の防止に努めていただきますようお願い申し上げます。

令和2年12月8日
 

市長メッセージ(令和2年11月26日)

8月末に岐阜県独自で発令していた「第2波非常事態宣言」を解除して以降、県内の感染者の発生状況は微増傾向に抑えられていたものが、特に11月に入ってからは全国的にも、また県内においても急増しています。
このような状況から、年末年始を控え、第3波の感染拡大阻止のため、最大限の警戒感をもって感染防止対策の徹底をしなければなりません。
あらためて県内の感染状況をみますと、繁華街での接待を伴う飲食店、親族など大人数での会合や飲食の場面、事業所や医療・福祉施設の現場などでも感染の拡大やクラスターの発生が確認されています。
また、県域をまたぐ感染事例も発生するなど、今後、年末年始にかけて、より一層の感染拡大防止への意識を高める必要があります。
これらの状況を踏まえ、市民の皆様におかれましては、以下の点に対し、特に注意をしていただきますようお願いします。

〇家庭内感染が増加しています。家庭内でも安心はできません。
家庭内にウイルスを持ち込まないよう、基本的な感染防止対策の継続と徹底をお願いします。
引き続き、「マスク着用」・「手洗いの徹底」・「3密の回避」を実践していただき、これからの寒い時期でも「換気の徹底」をお願いします。

〇会食の機会に伴う感染が増加しています。
会食の機会が多い年末年始を控え、感染リスクの高い地域や施設を避け「大人数や長時間におよぶ飲食」・「飲酒を伴う懇親会等」は十分警戒してください。
特に家族以外の人との「マスクなしでの会話」を回避するなど、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫の徹底をお願いします。
政府新型コロナウイルス感染症対策分科会より提言された「感染リスクが高まる『5つの場面(注)』」も参考にし、それらの場面では、より一層の注意が必要です。
(注) 「飲酒を伴う懇親会等」・「大人数や長時間におよぶ飲食」・「マスクなしでの会話」・「狭い空間での共同生活」・「居場所の切り替わり」

〇体調不良であったにもかかわらず行動したため、感染が拡大した例が続発しています。
発熱、咳、味覚障害、だるさなどの体調不良を感じたら、外出、出勤、通学などすべての行動をストップして、医療機関に相談、受診をしてください。

〇季節の行事における感染防止対策の徹底をしてください。
クリスマス、大晦日、初日の出など、年末年始に向け、多数の人が集まる「季節の行事」に参加する場合は、人と人の距離の確保・マスクの着用・手指衛生・大声での会話の自粛など、「基本的な感染防止対策」を徹底してください。
その他、不特定多数の人が密集し、大声等の発生を伴う行事、パーティー等への参加は控えてください。
また、事業者・施設管理者の皆様におかれましても、以下の点に対し、特に注意をしていただきますようお願いします。

〇職場・事業所内の感染も増加しています。
いったん職場や事業所内で感染者が発生すると事業活動に大きな影響が出ます。
業種別の感染拡大防止ガイドラインの遵守のほか、例えば、対策責任者を定め、日頃の対策を厳しくチェックするなど、岐阜県から依頼がされている対策もふまえ、実効性のある感染防止対策の徹底をお願いします。
勤務時間内だけでなく「仕事後の会食や、喫煙など休憩等のマスクを外しがちな場面」で感染が拡大しています。十分注意するよう従業員の皆様に徹底してください。
特に、重症化しやすい高齢者の方などが利用する福祉施設などにおいては、細心の注意を払い、今一度、対策の確認、徹底を行ってください。
外国人学生を受け入れている教育機関、外国の方を雇用している事業者の皆様におかれましては、言語や文化の違いにも配慮し、外国人の方への感染防止対策の普及をお願いします。

私たちが闘っている相手は、人ではなく「ウイルス」です。この感染症は、誰もが感染する可能性があります。ご自身や皆さんの大切な方が感染するかもしれません。感染された方を「思いやり」、その立場を守る必要があります。
新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮についても徹底していただくようにお願いします。
感染者自身のほか、感染者が発生した団体に属する人達などに対する差別や偏見、さらにSNSやうわさ話などデマによるいわれのない差別や偏見は絶対に行わない社会にしていきましょう。
また、社会生活を維持するために、昼夜を問わず、医療現場の最前線で、検査や治療のために懸命に従事していただいている医療関係者の皆様には、心より感謝と敬意の意を表します。
私たちが闘っているのは、人ではなく「ウイルス」だということを忘れず、再び感染拡大の局面に移行させないためにも、より一層の感染防止対策の基本を徹底していただきますよう、お願いします。
予断を許さない状況にあります。「新型コロナウイルスと共にある」という新しい日常に対し、気を緩めることなく警戒を続けていきましょう。

令和2年11月26日
 

市長メッセージ(令和2年9月1日)

7月中旬以降、岐阜県内で感染者の増加が続いていた状況が、市民の皆様や事業者の方々、そして関係機関のご協力のお陰をもちまして、小康状態へと転じました。これにより、岐阜県は宣言していた「第2波非常事態」を解除しました。
夏休みやお盆休みを含む8月の一か月間、感染拡大地域への慎重な往来のほか、感染防止対策の基本を徹底するなど、「オール岐阜」、「オール各務原」で取り組んできた成果が表われています。しかしながら、新型コロナウイルスが完全に終息したわけではありません。引き続き、気を緩めることなく感染拡大防止のための取り組みにご理解とご協力をお願いします。
感染の拡大が小康状態になった反面、新たな課題も発生しています。この感染症に対する恐怖心や誤解、偏見等に起因する「コロナ・ハラスメント」です。
このような状況を改善するためにも、県と県内すべての市町村は“ストップ「コロナ・ハラスメント」宣言”を発出しました。
新型コロナウイルスは、人類未知のウイルスであり、誰しもが怖いものです。しかし、この感染症に対する不安や恐れから、感染された方やそのご家族、医療従事者や特定の医療機関などへの、差別的扱いや非難をすることは許されるものではありません。
私たちが闘っている相手は、人ではなく「ウイルス」です。この感染症は、誰もが感染する可能性があります。ご自身や皆さんの大切な方が感染するかもしれません。感染された方を「思いやり」、その立場を守る必要があります。
そして、この病気に対する恐怖心、誤解や偏見により、知らず知らず誰かを排除したり、差別をしたりしていないか、身近なところで起きていないか注意を払い、正しい情報のもと、冷静な行動をとっていただくようお願いします。
また、社会生活を維持するために、昼夜を問わず、医療現場の最前線で、検査や治療のために懸命に従事していただいている医療関係者の皆様には、心より感謝と敬意の意を表します。
市内でも8月初旬に各務原市医師会の皆様のご協力により、新型コロナウイルスの検査体制を強化するため、「地域外来・検査センター」が開設されました。特に、8月は猛暑の中での対応となりました。私たちの暮らしを支えるための懸命な活動に対しまして、あらためて深く感謝申し上げます。
私たちが闘っているのは、人ではなく「ウイルス」だということを忘れず、再び感染拡大の局面に移行させないためにも、「マスクの着用」、「人との距離確保」、「三密(密閉・密集・密接)を避ける」など、感染防止対策の基本を徹底していただきますよう、お願いします。
まだまだ予断を許さない状況が続きます。「新型コロナウイルスと共にある」という新しい日常に対し、気を緩めることなく警戒を続けていきましょう。

令和2年9月1日
 

市長メッセージ(令和2年8月8日)

現在、岐阜県では新型コロナウイルスの「第2波 非常事態」が宣言されています。
市民の皆様におかれましても「第2波が到来した」との認識に立ち、基本的な感染防止対策の実施をお願いいたします。
県内の8月以降の感染状況を見ますと、若者の感染が急増していることや、家族や親せき間での感染増加が認められます。
特に、家族内感染は、若者から高齢者への感染拡大が懸念されます。ひとたび高齢者の方への感染が拡大すれば、重篤患者が増大するリスクが高まり、急速に医療機関を圧迫する恐れがあります。ご家庭内でも感染防止対策のチェックを徹底していただき、特に高齢者の方への感染を防ぐように最大限の注意を払ってください。
この先、帰省ラッシュを伴うお盆休みが始まります。帰省にあたっては、ご自身やご家族の体調、行き先の感染状況を踏まえ、慎重に判断して行動していただきますようお願いいたします。
そして、常に「人との距離確保」、「マスク着用」、「手洗い」など感染防止対策の基本を意識して実施するとともに、多人数の集団での会食や、密閉空間での密集した激しい運動を回避するなど、3密の場(「密閉」・「密集」・「密接」)を徹底的に回避していただきますよう、あらためてお願いいたします。
目の前にある極めて厳しい状況を打破するためには、夏休みやお盆休み中も油断することなく、「オール岐阜」、「オール各務原」での緊急対策を実践する必要があります。
皆様、お一人おひとりの責任ある行動が、感染拡大の防止につながります。既に「第2波が到来した」との認識に立ち、感染拡大への警戒をより一層強め、この難局を「オール各務原」で乗り越えましょう。

令和2年8月8日
 

市長メッセージ(令和2年7月31日)

岐阜県では特に7月の中旬以降、新型コロナウイルス感染症の新たな感染者が急増しています。
このような状況を受け、岐阜県は7月31日に「第2波非常事態」を宣言しました。
市民の皆様におかれましても「第2波が到来した」との認識に立ち、あらためて基本的な感染防止対策の実施をお願いいたします。
直近2週間の感染拡大の状況を見ますと、増加のスピードが4月の状況と同等、またはそれを上まわっていることや、愛知県、特に名古屋での酒類を伴う飲食店で感染が多発しています。
そして、若者の感染が急増していることや、学校でのクラスターが相次いで発生していることから、若者から高齢者への感染拡大の懸念が強まっています。ひとたび高齢者の方に感染が拡大すれば、重篤患者が増大するリスクが高まり、急速に医療機関を圧迫する恐れもあり、警戒が必要です。
現下の極めて厳しい状況を打破するためには、これまで以上に気を緩める事なく、「オール岐阜」、「オール各務原」での緊急対策を講ずる必要があります。
8月に入り、本格的な夏休みの開始やお盆休みを利用した帰省ラッシュが控えるなど、この先、人の動きが活発化する時期になります。県をまたぐ外出や感染拡大地域、特に愛知県との往来は慎重に判断して行動していただきますようお願いいたします。
そして、「人との距離確保」、「マスク着用」、「手洗い」など感染防止対策の基本を徹底するとともに、3密の場(「密閉」、「密集」、「密接」)を徹底的に回避するほか、常に体調の自己チェックを行い、体調異常が認められる場合は、外出をストップしてください。
皆様、お一人おひとりの責任ある行動が、感染拡大の防止につながります。繰り返しになりますが、「第2波が到来した」との認識に立ち、感染拡大への警戒を一層強め、再び迫ってきたこの難局を「オール各務原」で乗り越えましょう。

令和2年7月31日
 

市長メッセージ(令和2年7月22日)

岐阜県では緊急事態宣言の解除後、新たな感染者の発生は少なかったものの、7月に入ってから状況が変化してきています。
特に、7月の中旬以降、県内においても新たなクラスターが発生し、感染者が急増しています。この先、再び感染者が多発するリスクが高まるなど、感染拡大の局面に入りつつあります。
市民の皆様におかれましては、身体的距離の確保やマスクの着用、手洗いなど、「新しい生活様式」を再確認していただき、その実践を徹底していただくようお願いします。
そして、毎日のご自身の体調についても、お一人おひとりがしっかりと確認していただき、体調に異変があれば、直ちに通勤や通学など外出を控えてください。
事業者の方々におかれましても、国の基本的対処方針や県が示す行動指針の実践に加え、業界団体のガイドラインを守っていただき、感染防止対策の徹底に努めてください。
この先、連休や夏休み、そしてお盆休み期間中は人の動きが活発になることが予想されます。新規の感染者が多く発生している地域への旅行などについては慎重な判断をお願いします。
皆様、お一人おひとりの責任ある行動が、感染拡大の防止につながります。第2波への警戒を一層強め、この新たな局面を「オール各務原」で乗り越えましょう。

令和2年7月22日
 

市長メッセージ(令和2年5月15日)

政府は5月31日までとしていた「緊急事態宣言」について、岐阜県を含む39県を5月14日に、対象区域から解除することを発表しました。
これは、不要不急の外出自粛や学校の臨時休業、幼稚園・保育園の休園要請へのご理解など、市民の皆様の感染拡大防止に向けた取り組みの成果であります。
本市においても13名の感染者が発生したものの、クラスターを出すこともなく、感染拡大の抑制ができました。「オール各務原」で頑張ってきた証であります。
また、事業者の皆様には、休業要請などにご協力をいただくなど、大変なご心配とご負担をおかけしましたが、一丸となって感染拡大防止に向けた取り組みを継続していただいたことが、緊急事態宣言の前倒し解除に繋がったものであり、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
4月10日からの岐阜県独自の「非常事態宣言」、そして4月16日からの政府による「緊急事態宣言」の発令など、これまでに経験をしたことのない日常生活が続きましたが、本当に長きにわたる間のご理解とご協力に感謝を申し上げます。
そして、昼夜を問わず、感染リスクの高い過酷な医療現場の最前線で、懸命に働いていただいている医療従事者の皆様やそのご家族様の疲労と不安はいかばかりかと推察いたします。地域医療を支えるべく、最善を尽くしていただいている皆様にも心より敬意と感謝の意を表します。
暗い話題が続いている中、多くの皆様から手作りマスクなどの心温まる寄附が続々と寄せられています。人と人との接触が減り、ストレスが溜まる日々が続いている今こそ、人のことを思いやる優しさが大切であり、皆様の行動は本市の誇りであります。
さて、新型コロナウイルスが完全に終息するまでには、まだまだ時間がかかります。すぐには元の生活には戻れないことを改めて覚悟する必要があります。この先、「新型コロナウイルスと共にある」という新しい時代に入っていきます。
基本的な感染防止対策を新しい習慣として身に着けた「新たな日常」を実践するとともに、引き続き、感染リスクが高まる3密(密閉空間・密集場所・密接場面)がそろう場所を回避する必要があります。
そして、これらの日常的な取り組みを継続した上で、「経済活動の再生」や「教育の再開」に対して、バランスよく対処していく必要があります。
特に、ご心配の声が届いている学校休業に関しては、感染拡大防止策を万全にすることを前提に、段階的な再開を経て、通常授業の開始へと慎重に進めてまいります。
その他、日々の生活に不安や危機感を持たれている市民の皆様、並びに事業者の方々を支援していくため、国や県はもとより、市もさまざまな支援策が既にスタートしています。
まずは国や県の支援策を確実かつ迅速に、その支援を必要としている方々に活用してもらえるよう、しっかりとサポートすることを念頭に置き、その上で、それらの支援の「隙間」になる部分についても、市単独の支援策を実施していきます。今後も、刻一刻と変わる状況を的確に把握しながら、必要とされる支援、有効な対策を順次、講じてまいります。
最後に市民の皆様にあらためてのお願いです。
緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症が完全に終息するまでは、まだまだ時間がかかります。人と人との距離を確保し、マスクを着用するなど「新しい生活様式」での行動を定着させるなど、感染拡大の防止に向けた行動を粘り強く続けていただきますよう、お願いします。
「新型コロナウイルスと共にある」という新しい時代を一緒に力強く歩んでいきましょう。

令和2年5月15日
 

市長メッセージ(令和2年5月5日)

政府の緊急事態宣言が5月31日まで延長されました。そして、岐阜県は、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを行う「特定警戒都道府県」の指定が継続されています。
市民の皆様にはご不便をおかけしておりますが、大型連休中も、不要不急の外出を控え、手洗いや換気を徹底するとともに、「三密(密閉、密集、密接)」がそろう場所を回避していただくなど、危機感を持った責任ある行動を続けていただいておりますことに、あらためて感謝を申し上げます。
5月5日現在、岐阜県内の陽性患者数は150名となっています。このうち、4月初旬からの2週間程度で90名もの陽性患者が確認されています。これは3月下旬の連休において、一時的に警戒意識が緩み、感染の急拡大に繋がったことを意味しています。
このような状況を危惧し、4月10日からの岐阜県独自の「非常事態宣言」、そして4月16日からの政府による「緊急事態宣言」の発令に伴い、5月の大型連休中も含め、外出自粛などのさまざまな取り組みをお願いし、それらを着実に実行していただいた結果、陽性患者数の増加は鈍化してきました。
しかし、今しばらくの間、気を緩めることなく、取り組みを継続することが肝要です。
この先、緊急事態措置の緩和に向けては、感染状況や医療提供の体制など、さまざまな要素を総合的にみて判断するとされています。その緩和に向けた最低限の条件として、感染状況が改善されていることが求められます。感染拡大が抑えられる、新規の感染者が増えないといった状況を作り出すためには、より一層の市民の皆様のご協力が必要です。
新型コロナウイルスには「誰もが感染するリスクがあり、誰でも感染させるリスクがあること」をしっかりと心に刻み、自分と大切な人を守るため、引き続き、不要不急の外出を自粛してください。
生活の維持に必要な場面でも、感染リスクが高い場面があります。マスク着用や手洗いの徹底のほか、人との距離をしっかりと保つことを意識してください。政府からも「人との接触を8割減らす10のポイント」として具体的な行動のポイントが示されています。身の回りの感染リスクを徹底的に避けてください。
新型コロナウイルスとの闘いは、まだまだ続くことも想定しなければなりません。
生活面においてさまざまな不安やお困りごとも出てきていると思います。国の特別定額給付金(1人10万円)事業をはじめ、県の支援策も充実してきました。支援を必要としている方にその支援が確実に行き届くよう、市をあげて対応していきます。
そして、市独自の支援策も追加していきます。第一弾の、小規模事業者や個人事業者に対する支援強化に加え、第二弾の支援策として、特に経済的影響を受けている児童扶養手当の受給者の方への「特別応援金」支給や、外出が制限されている未就学児や児童、生徒の皆さんに対し、親子のふれあいを深めることや、家庭生活が豊かになることを願い、図書カードを配付することとしました。
その上で、第三弾の支援策の準備にも入っています。ご家庭での生活時間が長くなることを考慮し、「お家で手を洗おう!Wash!Wash!Wash!」キャンペーン事業として、上水道の基本料金の免除についても検討を進めています。
大型連休も終わりを迎えようとしていますが、この先も気を緩めず、人との接触を極力減らした生活を続けるなど、感染拡大防止の取り組みにご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月5日
 

市長メッセージ(令和2年4月24日)

4月23日現在、県内の新型コロナウイルス感染者数は149名となり、感染者数の増加は鈍化しつつあるものの、依然として感染者が確認される状況が続いています。そして、そのうち6名の方の尊い命が奪われるという非常に厳しい現実があります。
緊急事態宣言が発令されて以降、市民の皆様にはご不便をおかけしておりますとともに、ご心配な日々をお過ごしになられていることと思います。そのような中でも、多くの方々が日常的な手洗いや換気を徹底するとともに、「三密(密閉、密集、密接)」がそろう場所を回避し、不要不急の外出を控えていただくなど、危機感を持った責任ある行動を続けていただいております。まことにありがとうございます。
また、安定的な社会生活を維持するため、昼夜を問わず、医療現場や保健所などで、懸命に働いている皆様の使命感と献身的なご努力が、各務原市民、そして岐阜県民の命を支えてくれています。あらためて、市民を代表して心より感謝申し上げます。
これから長期間の休みとなる大型連休が控えております。3月下旬の連休には、一時的に警戒意識が緩み、感染の急拡大に繋がった教訓を踏まえ、以下の2点を強く要請します。

  1. すべての皆様が、新型コロナウイルスには「誰もが感染するリスクがあり、誰でも感染させるリスクがあること」をしっかりと心に刻み、自分と大切な人を守るため、不要不急の外出を自粛し、特に帰省や観光目的の旅行などを厳に控えてください。
  2. 生活の維持に必要な場面でも、感染リスクが高い場面があります。マスクの着用や手洗いの徹底のほか、人との距離をしっかりと保つことを意識して行動してください。政府からも「人との接触を8割減らす10のポイント」として具体的な行動のポイントが示されています。身の回りの感染リスクを徹底的に避けてください。

現在は感染拡大の阻止に向け、全力で取り組んでいるところでありますが、新型コロナウイルスとの闘いは長期戦となることが想定されます。生活面においてさまざまな不安やお困りごとも出てきていると思います。そこで、市では、特別定額給付金(1人10万円)の給付をできる限りスピーディーに実施できるよう、既に補正予算を成立させるとともに、事務にあたる専属職員を配置して準備を進めています。
国や県の支援策も充実してきました。支援策の全体像をしっかりと把握し、支援を必要としている方にその支援が確実に行き届くよう、周知を徹底するとともに、積極的にアプローチをかけていきます。
その上で、新型コロナウイルスとの闘いが長期戦になることを見据え、市の独自施策の第一弾として、まずは小規模事業者や個人事業者に対する支援を強化します。そして、国や県の支援策の隙間にあたる部分など、市としてきめ細やかな対応が必要になる分野がないかをしっかり検証し、引き続き対策を強化してまいります。
最大で12日間の休みとなる大型連休。この期間、特に気を緩めず、人との接触を極力減らした生活を続けるなど、感染拡大防止の取り組みにご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年4月24日
 

市長メッセージ(令和2年4月17日)

4月16日、政府は7都府県に発令していた緊急事態宣言を全都道府県に拡大すると発表しました。その中でも、岐阜県は特に感染の対応を実行する必要がある特定警戒都道府県に指定されました。これらを受け、同日、岐阜県は休業協力要請先施設を示し、4月18日から5月6日までの間の休業協力を要請しました。
県内の新型コロナウイルス感染症患者は増加を続け、クラスターの発生に起因する感染者や、感染経路が不明な感染者も増加するなど、警戒水準のレベルをさらに上げなければならない状況となっています。
これまで以上に、すべての市民の皆様が危機感を持ち、日常的な予防対策を徹底していただくとともに、感染リスクが高まる3つの条件「密閉空間」「密集場所」「密接場面」がそろう場所を徹底的に回避し、人との接触を極力減らした、責任ある行動をとり続けていただくことを強くお願いいたします。
市民の皆様にはご不便をおかけしますが、感染拡大を防ぐための取り組みにご理解いただきますようお願いいたします。
感染症の拡大が続いている現状を鑑み、すべての市民の皆様の安心・安全を守るためには、さらなる対策が必要と判断し、本日、第3回各務原市新型コロナウイルス感染症対策本部を開催し、市内の小中学校、そして特別支援学校の臨時休業期間を5月31日まで延長することを決定しました。
子どもたちやそのご家族の皆様には不安な思いやご負担をおかけすることとなりますが、何よりも大切な命を守るための、苦渋の決断でありますことをご理解いただき、ご協力をお願いいたします。ご心配の声が届いている学習の遅れについては、さまざまなサポート方法を早急に検討する指示を出し、準備が整いしだい、速やかに実行してまいります。
このような中、手づくりの布製マスクや消毒薬など、とても嬉しいご寄附が相次いで寄せられています。「皆さんが安心して過ごせるように一緒に頑張りましょう」との心温まるメッセージが添えられていました。市民の皆様全員が同じ想いです。今こそ、相手のことを思いやる優しさを持ち、オール各務原でこの危機を乗り越えていきましょう。
そして、昼夜を問わず、感染リスクの高い過酷な医療現場の最前線で、一人でも多くの命を救おうと命がけで働いている医療従事者や福祉施設の現場の皆様には、心より感謝を申し上げます。皆様の使命感と正義感で、医療現場の崩壊を食い止めています。あらためて敬意を表します。
市でも、これまで以上に危機感を持ち、県や保健所など関係機関との連携を密に図り、市民ニーズをしっかりと把握した迅速な対応により、この未曾有の難局に全力で取り組んでまいります。ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年4月17日
 

市長メッセージ(令和2年4月10日)

4月7日、東京など7都府県を対象とした政府の緊急事態宣言に続き、4月10日には岐阜県が県下全域を対象とした独自の「非常事態宣言」を出しました。
県内においては感染経路不明の感染者が増え、加えて新たなクラスターの発生が懸念される状況にあり、県の専門家会議では「待ったなしの危険水域に達している」との警告がされるなど、極めて深刻な状況にあります。
これらを受け、市では直ちに第2回目となる各務原市新型コロナウイルス感染症対策本部(法定)を開催し、警戒水準のステージを引き上げるとともに、学校の臨時休業やイベントの中止、延期または規模縮小の対応等について、5月6日まで延長することとしました。
皆様ご自身の命を守ることはもちろんのこと、家族や大切な人を守るためにも、引き続き、一人ひとりが出来得る対策をしっかりと実行していくことが非常に重要です。
日常的な予防対策を徹底していただくとともに、感染リスクが高まる3つの条件「密閉空間」「密集場所」「密接場面」がそろう場所を徹底的に回避することを、あらためて強くお願いいたします。
そして、とにかく不要不急の外出を控え、人と人の接触機会を最大限、減らすよう、お願いいたします。
市民の皆様におかれましては、日常生活にも多くの影響が出るなど、大変なご不便をおかけしますが、これ以上の拡大を阻止するためにも、今こそ「オール各務原」で力を合わせ、すべての人が危機感を持った責任ある行動をお願いいたします。
市でも、これまで以上に危機感を持ち、県や保健所など関係機関との連携を密に図りながら、この未曾有の難局に対し、市民の皆様の安全・安心を守るための取り組みをさらに強化してまいります。ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年4月10日
 

市長メッセージ(令和2年4月8日)

4月7日、政府は新型コロナウイルス感染症患者が東京や大阪といった都市部を中心に急増していることを受け、5月6日までの1か月間、東京など7都府県を対象とした緊急事態宣言を出しました。
これをうけ、同日、市では直ちに新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「各務原市新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、第1回目の本部会議を開催しました。これを機に、市では感染症対策の推進体制を強化するとともに、警戒水準を一段引き上げます。
現在、県内においては新型コロナウイルス感染症の患者が増え続けています。県内の陽性患者は69名となり、うち市内においても6名の方の感染が確認されるなど、状況は一層深刻さを増しています。
皆様ご自身の命を守ることはもちろんのこと、家族や大切な人を守るためにも、引き続き、一人ひとりが出来得る対策をしっかりと実行していくことが非常に重要です。
「こまめな手洗い」や「咳エチケット」の励行など、日常的な予防対策を徹底していただくとともに、感染リスクが高まる3つの条件「密閉空間」「密集場所」「密接場面」がそろう場所を徹底的に回避することを、あらためて強くお願いいたします。
そして、不要不急の外出を控え、人と人の接触機会を極力減らすよう、重ねてお願いいたします。
市民の皆様におかれましては、日常生活にも多くの影響が出るなど、大変なご不便をおかけしますが、これ以上の拡大を阻止するためにも、今こそ「オール各務原」で力を合わせ、すべての人が危機感を持った責任ある行動をお願いいたします。
市でも、これまで以上に危機感を持ち、県や保健所など関係機関との連携を密に図りながら、この未曾有の難局に対し、市民の皆様の安全・安心を守るための取り組みをさらに強化してまいります。ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年4月8日
 

市長メッセージ(令和2年4月3日)

4月3日現在、各務原市内在住の方では3名の新型コロナウイルス感染者の発生が確認されております。
また、県内においても、集団感染の発生など、連日感染者発生の報道がされております。
市民の皆様におかれましては、引き続き、こまめな手洗いや咳エチケットなどの日常的な予防対策を徹底していただくようお願いいたします。
加えて、岐阜県知事の緊急要請に基づき、4月19日までの間は、不要不急の外出を控えることや、感染リスクが高まる3つの条件(密閉空間、密集場所、密接場面)がそろう場所を徹底的に回避することを強くお願いいたします。
また、感染が疑われるような症状がある方は、直接、医療機関を受診するのではなく、帰国者・接触者相談センターにまずは相談をしていただき、アドバイスを受けていただきますようお願いいたします。
市では、これまで以上に危機感を持ち、市民の皆さんの健康を守るため、関係機関と密に連携を図りながら、正確な情報発信に努め、市を挙げて対策に取り組んでまいります。

令和2年4月3日
 

市長メッセージ(令和2年3月22日)

本日3月22日、岐阜県より、各務原市内在住の方が、新型コロナウイルスに感染されたとの発表がありました。
 市民の皆様におかれましては、こまめな手洗いや咳エチケットなどの日常的な予防対策を徹底していただくとともに、国、県、市が発信する新型コロナウイルス感染症の正確な情報に十分注意していただき、冷静な対応をお願いいたします。
 感染が疑われるような症状がある方は、直接、医療機関を受診するのではなく、帰国者・接触者相談センターにまずは相談をしていただき、アドバイスを受けていただきますようお願いいたします。
 市では、引き続き、私を本部長とする「新型コロナウイルス感染症対策本部」において、市民の皆さんの健康を守るため、関係機関と密に連携を図りながら、正確な情報発信に努め、市を挙げて対策に取り組んでまいります。

令和2年3月22日
 

市長メッセージ(令和2年3月13日)

新型コロナウイルス感染症については、大規模な感染の拡大傾向にはないものの、国内外で連日、感染者が確認される状況であり、市民の皆様も大変ご心配されていることと思います。
3月10日に政府から発表された新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策(第2弾)では、「国内での健康被害を最小限に抑える上で、極めて重要な時期にある」とし、万全の対応を行い患者増加のスピードを可能な限り抑制し、流行の早期終息を目指しています。
さらに、イベント等の自粛を求める取り組みについても継続することが求められています。既に中止、延期、規模の縮小などの対応の要請がされていますが、専門家会議の判断が示されるまでの間、今後概ね10日間程度は、これまでの取り組みを継続していくという見解が示されました。
本市においても、市民の皆様の安全・安心の確保を最優先事項として、市内のすべての小中学校、特別支援学校の休校を実施し、一部の公共施設についても休館や利用停止などの措置を講じています。
また、本当に多くの方が楽しみにしていた数々のイベントも中止や延期の対応とするなど、苦渋の決断をしました。繰り返しになりますが、安全・安心の確保が最優先事項でありますので、もうしばらくの間、ご辛抱をお願い致します。
自治会やシニアクラブの活動のほか、各種団体の行事等につきましても、市からの自粛の要請に対してご理解とご協力をいただき、中止や延期等の措置をとっていただいております。まさに「オール各務原」で感染拡大の防止に取り組んでいることは、あらためて私たちの結束力の高さを感じているところです。
今後については、政府の要請内容を踏まえるとともに、何よりも感染拡大防止や市内で小規模患者クラスターが発生することを防ぐため、3月13日に開催した各務原市新型コロナウイルス感染症対策本部会議にて、公共施設の休館や、市主催イベントの中止・延期等の措置を、3月31日まで延長することを決定しました。
市民の皆様におかれましては、利用していた施設や、楽しみにしていたイベントの中止などで、ご不便やご迷惑をおかけいたしますが、今が正念場と捉え、引き続きのご理解とご協力をお願い致します。
そして、正しい情報により「正しく恐れる」ことを念頭に、冷静にお過ごしください。
人混みを避け、手洗いをしっかりと行い、咳エチケットを行うなど、一人一人ができる予防策を、誰もが行うことが何よりも肝心です。
皆様のご理解とご協力をいただき、早期の終息に向けて必要な対策をしっかりと実行してまいります。

令和2年3月13日
 

このページに関するお問い合わせ

秘書室
電話:058-383-1111内線2100
秘書室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。