くみ取り便槽や浄化槽の廃止

ページ番号1001732  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

くみ取り便槽や浄化槽を廃止するときは最終清掃を実施してください!

建築物を解体するとき、下水道に変更するときなど、くみ取り便槽や浄化槽(以下、「単独処理浄化槽」も含みます)を廃止するときには、解体を行う前に各務原市の許可業者に依頼してくみ取り便槽や浄化槽の汚泥等の引き抜き(清掃)に加え消毒をする「最終清掃」を行ってください。

くみ取り便槽や浄化槽内の汚泥等を除去することなく汚泥等が残存したまま埋めてしまったり、くみ取り便槽や浄化槽を破壊し汚泥等を地下浸透させてしまう行為や水路に流す行為は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に違反しますので、絶対に行わないでください。 

くみ取り便槽や浄化槽の最終清掃は、市の許可業者に依頼してください

浄化槽清掃許可業者

那加・稲羽・鵜沼・蘇原地区:各衛サービス株式会社(電話:058-389-3210)

川島地区:トバナ産業株式会社(電話:058-398-3807)

くみ取り便槽清掃許可業者

那加・稲羽・鵜沼・蘇原地区:各務原衛生株式会社(電話:058-382-6151)

川島地区:トバナ産業株式会社(電話:058-398-3807)

浄化槽の使用廃止手続

浄化槽の使用を廃止した場合、浄化槽廃止後30日以内に「浄化槽使用廃止届出書」を環境政策課へ提出してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境政策課
電話:058-383-4231
環境政策課 環境衛生係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。