新生児聴覚検査費用を助成します

ページ番号1001982  更新日 令和3年4月1日

印刷大きな文字で印刷

新生児聴覚検査は、新生児の聴覚障害の早期発見・早期治療を図るため、出産後の入院中、または外来で行われる検査です。新生児聴覚検査費用の一部を助成します。

対象者

生後6か月までのお子さん(検査日において保護者の住民票があること)

検査内容

自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)または耳音響放射検査(OAE)

助成内容

新生児聴覚検査に要した検査費用の2分の1を助成(上限3,700円まで)

助成方法

1.出産した医療機関で自動ABRを受診

「新生児聴覚検査受診票兼結果票」を医療機関の窓口に提出して受診し、検査費用から助成額(検査費用の2分の1で上限3,700円)を控除した額を窓口でお支払いください。

2.各務原市内委託医療機関でOAEを受診(外来のみ)

「新生児聴覚検査受診票兼結果票」を医療機関の窓口に提出して受診し、検査費用から助成額(検査費用の2分の1で上限3,700円)を控除した額を窓口でお支払いください。
<令和3年度各務原市内委託医療機関>

  • 浅川クリニック
  • かとう耳鼻咽喉科サージクリニック
  • 林内科耳鼻咽喉科

3.各務原市内委託医療機関以外でOAEを受診

「新生児聴覚検査受診票兼結果票」を医療機関の窓口に提出して受診し、検査費用を全額お支払いください。受診日から1年以内に、健康管理課窓口にて助成の申請をしてください。申請受付後、助成金を口座に振り込みます。
<申請時の持ち物>

  • 記入済みの受診票兼結果票
  • 助成申請書
  • 検査費用の分かる領収書
  • 振込先の口座が分かるもの
  • 母子健康手帳

4.岐阜県外医療機関で自動ABRまたはOAEを受診

「新生児聴覚検査受診票兼結果票」を医療機関の窓口に提出して受診し、検査費用を全額お支払いください。受診日から1年以内に、健康管理課窓口にて助成の申請をしてください。申請受付後、助成金を口座に振り込みます。
<申請時の持ち物>

  • 記入済みの受診票兼結果票
  • 助成申請書
  • 検査費用の分かる領収書
  • 振込先の口座が分かるもの
  • 母子健康手帳

このページに関するお問い合わせ

健康管理課 保健指導第一係
電話:058-383-1115
健康管理課 保健指導第一係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。