高齢者インフルエンザ予防接種

ページ番号1002487  更新日 令和3年2月1日

印刷大きな文字で印刷

65歳以上の方のインフルエンザ予防接種は、肺炎などの重症化防止に有効であるといわれています。体調のよい日に受けましょう。 (今年度の接種期間は終了しました)

                                                                                                                               

対象

  1. 住民登録のある接種時65歳以上の方
  2. 住民登録のある接種時60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器疾患、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫疾患のいずれかで身体障害者手帳1級をお持ちの方

(注)対象2の方は、接種前に「定期予防接種予診票兼接種券交付申請書」を、健康管理課または東保健相談センターへ提出してください。予診票兼接種券をお渡しします。 代理人が手続きに来られる場合は委任状をお持ちください。
    対象1の方は、事前の手続きは必要ありません。(ただし、生活保護世帯の方は事前の手続きが必要です。詳細は「生活保護世帯の方の申請について」をご覧ください。) 

対象2の方の申請について

本人が窓口に来られる場合

〈持参品〉
 ・印鑑
 ・個人番号カード、個人番号付きの住民票など、本人の個人番号が確認できるもの
 ・身体障害者手帳

代理人が窓口に来られる場合

〈持参品〉
 ・委任状

 ・個人番号カード、個人番号付きの住民票など、接種者本人の個人番号が確認できるもの
 ・代理人の身元確認できるもの
 顔写真付の官公署発行のもの 個人番号カード、運転免許証、パスポート などのうち1つ
 顔写真付でない官公署発行のもの 健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳などのうち
  2つ

生活保護世帯の方の申請について

本人が窓口に来られる場合

〈持参品〉
 ・印鑑
 ・個人番号カード、個人番号付きの住民票など、本人の個人番号が確認できるもの
 ・本人の身元確認ができるもの
 顔写真付の官公署発行のもの 個人番号カード、運転免許証、パスポート などのうち1つ
 顔写真付でない官公署発行のもの 健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳などのうち2つ

 代理人が窓口に来られる場合

〈持参品〉
 ・委任状
 ・個人番号カード、個人番号付きの住民票など、接種者本人の個人番号が確認できるもの
 ・代理人の身元確認できるもの
 顔写真付の官公署発行のもの 個人番号カード、運転免許証、パスポート などのうち1つ
 顔写真付でない官公署発行のもの 健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳などのうち2つ

費用

1,500円

(注)対象のうち、生活保護世帯の方は本人負担(接種費用)を免除します。接種前に「定期予防接種一部負担金免除申請書」を、健康管理課または東保健相談センターへ提出してください。代理人が手続きに来られる場合は委任状をお持ちください。

実施期間

令和2年10月1日~令和3年1月31日

(今年度の接種期間は終了しました)

場所

指定医療機関での接種になります。下記「インフルエンザ指定医療機関」をご覧ください。

回数

1人1回

接種方法

希望する指定医療機関へ事前に予約をし、接種時には、住所、年齢が確認できるもの(保険証など)、健康手帳(お持ちの方のみ)を持参してください。体調のよい日に予防接種を受けましょう。感染防止の3つの基本である(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗い の徹底もお願いします。

★市外の医療機関など(岐阜県内)で予防接種を受ける場合★

市外の医療機関がかかりつけや、市外の施設に入所などの理由により、市外の医療機関(岐阜県内)での接種を希望する場合は、事前に健康管理課までご連絡ください。広域化予防接種事業の協力医療機関であれば接種できます(岐阜県ウェブサイトを参照)。

「インフルエンザ予報接種予診票兼接種券」を発行します。医療機関へ提出の上、接種を受けてください。接種後にご連絡をいただいた場合は、市の補助を受けることはできません。

★岐阜県外の介護保険施設入所者および病院長期入院患者で、市指定医療機関での接種が困難な場合★

岐阜県外の介護保険施設入所者および病院長期入院患者で、滞在先の市町村で接種を希望する場合は、事前に健康管理課までご連絡ください。各務原市が接種医療機関に予防接種実施依頼書を発行し、その後、接種を受けていただくことができます。予防接種実施依頼書の発行には、予防接種実施依頼書発行申請書の提出が必要となります。接種後にご連絡をいただいた場合は、市の補助を受けることができません。

(注)ただし、県外医療機関が依頼の受け入れ可能な場合に限りますので、滞在先の医療機関に受け入れの可否について、ご確認ください。

予診票兼接種券は、各務原市のものを使用します。
費用はいったん立替払いをした後、健康管理課または東保健相談センターにて償還払いの申請をしていただきます(詳細については、申請をされた方に説明します)。

予防接種実施依頼書発行の手続きについて

  1. 「予防接種依頼書発行申請書」の必要事項を記入してください。
    申請書は下記からダウンロード、または健康管理課および東保健相談センター窓口にあります。
  2. 申請書を健康管理課または東保健相談センターまで提出してください(郵送可)。
  3. 申請書を受け付けた後、市が「予防接種実施依頼書」を作成し、「予診票兼接種券」と一緒に申請者へ送付します。
  4. 申請者(接種希望者)は「予防接種実施依頼書」と「予診票兼接種券」を希望する医療機関へ提出のうえ、接種を受けてください。

申請書ダウンロード

  • 様式サイズ:A4縦
  • 書式:予防接種実施依頼書 発行申請書

受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日、祝日および年末年始は除く)

窓口

総合福祉会館

東保健相談センター

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康管理課 保健指導第一係
電話:058-383-1115
健康管理課 保健指導第一係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。