「少年の主張」発表会

ページ番号1002341  更新日 令和4年7月8日

印刷大きな文字で印刷

令和4年度 「少年の主張」発表会を開催しました。

発表者写真
熱意あふれる主張を発表した16人のみなさん

令和4年6月18日(土曜日)に、産業文化センターあすかホールで開催しました。新型コロナウイルス感染症対策として、観客の人数制限、飛沫パネルの設置を行い3年ぶりに発表形式で開催することができました。

市内8中学校から選ばれた各校代表2人の計16人が、社会や世界に向けての意見、未来への希望や提案、家庭、学校生活を中心に心に想い考えたことを発表しました。どの生徒も当日まで何度も練習を重ね、堂々と自分の主張を伝えることができました。

審査の結果、那加中学校3年 亀岡咲杜さん、鵜沼中学校3年 平田菜々花さんの2名が最優秀賞となり、岐阜圏域審査会へ出場しました。

また、発表会の運営協力として、那加中学校・稲羽中学校・桜丘中学校のふれコミ隊が司会・表彰補助・受付を行いました。

司会
司会の那加中ふれコミ隊
受付
受付の桜丘中ふれコミ隊
表彰補助
表彰補助の稲羽中ふれコミ隊
審査結果 ※発表順
最優秀賞
那加中学校 亀岡 咲杜さん 「私の大好きなおじいちゃん」
鵜沼中学校 平田 菜々花さん 「地域で支えあう」
優秀賞
緑陽中学校 横山 温人さん 「障害は個性」
鵜沼中学校 山口 菫さん 「見える痛み」
蘇原中学校 菅原 加恋さん 「共に生きる」
緑陽中学校 山本 瑚々奈さん 「数をなくしたあなたは誰ですか」
奨励賞
蘇原中学校 青木 玲奈さん 「本当の礼儀」
川島中学校 徳光 美沙紀さん 「1457gの奇跡」
稲羽中学校 杉山 駿さん 「目に見てわからなくても」
桜丘中学校 松原 優樹さん 「特別」
中央中学校 宮口 菜乃春さん 「未来の地球のために」
那加中学校 神村 花菜さん 「1日1日を大切にするとは」
稲羽中学校 永井 万弥さん 「スポーツができるという環境を」
川島中学校 坂井 希優さん 「生きるために」
桜丘中学校 行待 樹希さん 「自分を見つめて」
中央中学校 三代 真央さん 「海の本当の姿」

 

添付ファイル

発表作品

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

青少年教育課
電話:058-383-1484
青少年教育課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。