高等職業訓練促進給付金

ページ番号1002039  更新日 令和3年5月27日

印刷大きな文字で印刷

母子家庭のお母さんまたは父子家庭のお父さんが、就労して自立するための資格を取得する修業期間の生活の負担軽減を図るため、高等職業訓練促進給付金を支給します。
また修了後には、修了支援給付金を支給します。

支給対象者

市内在住で就労を希望する母子家庭のお母さんおよび父子家庭のお父さんのうち、次の要件をすべて満たす方

  1. 児童扶養手当の受給者と同等の所得水準にあること。
  2. 就職を容易にするために市長が必要と定める資格(以下「対象資格」)を取得するため、1年以上のカリキュラムを有する養成機関で修業を開始し、対象資格の取得が見込まれること。
  3. 就業または育児と修業の両立が困難と認められること。
  4. 各務原市暴力団排除条例第2条第3号の暴力団員等でないこと。

(注1)ただし、過去に同じ給付金を受給していた場合や、他制度で趣旨を同じくする給付を受けていた方は、対象者とはなりません。
(注2)事前相談と認定審査が必要です。

対象資格例

  • 看護師(准看護師)
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • その他上記に準じ市長が地域の実情に応じて対象とする資格

支給期間および支給額

支給期間 全修業期間(取得資格により最大4年)
支給額 市民税非課税世帯:月額100,000円、市民税課税世帯:月額70,500円
(修業最終学年のみ月額40,000円加算)

修了支援給付金支給額

市民税非課税世帯:50,000円
市民税課税世帯:25,000円

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭支援課 給付支援係
電話:058-383-7217
子ども家庭支援課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。