よくある質問

ページ番号1011164  更新日 令和4年7月26日

印刷大きな文字で印刷

質問:接種は義務ですか?任意ですか?

【回答】

接種は義務ではありません。

接種を受ける方には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただきます。
受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な取り扱いをすることのないようお願いします。

質問:何歳からワクチンを接種できますか。

【回答】

初回(1回目・2回目)接種は、5歳の誕生日の前日から接種することができます。ただし、接種時に15歳以下の方は保護者の付添と予診票に保護者の署名が必要となります。接種する回数やワクチンによって、年齢制限が異なりますので、詳しくは下記リンクをご参照ください。

質問:ワクチン接種で中学校を欠席や早退する場合の取り扱いはどうなりますか?

【回答】

各務原市立の中学校では、ワクチン接種のために登校していない生徒は「出席停止」となり欠席扱いにはなりません。また、ワクチン接種のために早退する場合は、お子様の不利益につながらないように「出席停止」または「出席」扱いとします。詳細は学校にお問い合わせください。

質問:妊娠中でも接種できますか?

【回答】

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。妊娠中の時期を問わず(主治医に相談の上)接種をおすすめします。

質問:予約せずに接種を受けることはできますか?

【回答】

必ず事前に予約が必要です。

ワクチンは、それぞれ適正温度で厳密に管理する必要があり、解凍や希釈した後の使用期限もそれぞれ限られています。国から市へ供給されるワクチンを無駄なく計画的に接種する必要があるため、ご理解とご協力をお願いいたします。

質問:市外でも接種できますか?

【回答】

住民票所在地(住所地)の市町村で接種を受けます。

お住まいが住所地と異なる方は、実際にお住まいの市町村でワクチンを受けられる場合があります。実際にお住まいの市町村の相談窓口にお問合わせください。
例)単身赴任者、出産のために里帰りしている妊産婦、遠隔地へ下宿している学生など。

質問:ウェブサイトの予約システムで予約した内容を修正・取下げるにはどうしたらよろしいですか?

【回答】

各務原市コールセンター(058-215-8702)にて承ります。体調不良等によりやむなく当日キャンセルする場合は、各務原市健康管理課新型コロナワクチン接種対策室(058-383-7297)になるべく早く連絡お願いします。

質問:かかりつけ医が市外にありますが、市外のかかりつけ医で接種できますか?

【回答】

基礎疾患のある方は、市外のかかりつけの医療機関で接種を受けることができます。

かかりつけの医療機関が接種を実施するかどうかは、直接、医療機関へお問い合わせください。

質問:接種券を無くしてしまったが、どうしたらよいか。

【回答】

再発行して、ご自宅に郵送します。
各務原市ワクチンコールセンター(058-215-8702)にご連絡いただき、下記事項を教えてください。
(1) 氏名、性別、生年月日(同一世帯で必要な方が複数名いる場合は対象者全員分)
(2) 住所
(3) 連絡先(電話番号)

質問:「接種済証」を発行してほしいがどうしたらいいですか?

【回答】

  1. 職域接種をした場合:接種の際に発行される「新型コロナワクチン接種記録書」が接種済証として国内でご利用いただけます。
  2. 接種券で接種した場合。接種券の右側の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」が接種済証として国内でご利用いただけます。接種済証を再発行するためにはお時間を要することがあります。接種後も接種券を大切に保管してください。

※どちらも、ワクチンを接種する際に、ロット番号が記載されたシールを貼り付けてもらってください。

質問:海外に行くため、ワクチンパスポートを発行してほしいがどうしたらよいか?

【回答】

国際的な人的往来に関連して、海外渡航用に、新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を発行いたします。

質問:どの種類のワクチンが最も効果がありますか?

【回答】

ワクチンの薬事承認にあたっては、有効性や安全性を慎重に審査します。今後、承認を得たワクチンはいずれも一定以上の効果があることになります。ワクチンの有効性などについての情報は、厚生労働省のウェブサイトなどにも詳しく記載されています。

質問:副反応とは何ですか?

【回答】

予防接種の後に、熱が出たり、気分が悪くなったり、はれたり、しこりがでたりすることがありますが、そのほとんどが2~3日で自然に消えてしまいます。このような好ましくない変化を副反応と言います。

質問:副反応が出たときはどのように対応したらよいですか?

【回答】

ワクチンによる発熱等は接種後1~2日以内に起こることが多く、ほとんどが接種後数日で回復するといわれています。必要な場合は解熱鎮痛剤を服用いただくなどして、様子をみてください。このほか、ワクチン接種後に比較的起きやすい症状としては、頭痛、疲労、筋肉痛、悪寒(さむけ)、関節痛などがあります。ワクチンを受けた後、2日間以上熱が続く場合や、症状が重い場合には、かかりつけ医かワクチンを接種した医療機関、または岐阜県ワクチンコールセンター(058-272-8222)へ電話でご相談ください。

質問:ワクチンを受けられないのはどのような人ですか?

【回答】

一般に、以下の方はワクチンを受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けてもよいか、かかりつけ医や当日の接種前の診察の際にご相談ください。
・明らかに発熱(37.5℃以上)している人
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴がある方 等

質問:ワクチンを受けるのに注意が必要な人はどのような人ですか?

【回答】

一般に以下の方はワクチンを受けるに当たって注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けてもよいか、かかりつけ医にご相談ください。
・過去に免疫が不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全の方がいる方
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
・過去にけいれんを起こしたことがある方
・ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

質問:追加(3回目)接種はどのような人が対象になりますか?

【回答】

厚生労働省の審議会での議論の結果、感染拡大防止や重症化予防の観点から、初回接種を完了した12歳以上の方に対して、追加接種の機会を提供することが望ましいとされました。

質問:追加(3回目)接種では、どのワクチンが使用されますか。初回(1回目・2回目)接種とは異なるワクチンを使用(交互接種)しても大丈夫でしょうか?

【回答】

追加接種に使用するワクチンは、初回接種に用いたワクチンの種類に関わらず、ファイザー社製、武田モデルナ社製、武田ノババックス社製のワクチンを用いることが適当であるとされています。

質問:追加(3回目)接種は、2回目の接種からどのくらい間隔をあけたら接種できますか?

【回答】

2回目の接種完了から5か月以上間隔をあけて接種を行うことが可能です。

2回目の接種完了から、5か月経過後に接種できるように接種券を発送いたします。お手元に接種券が届いた方からご予約いただけます。

質問:初回(1回目・2回目)接種したワクチンと違う種類のワクチンを、追加(3回目)接種してもいいですか?

【回答】

追加(3回目)接種では、初回(1回目・2回目)接種とは異なる種類のワクチンを接種(交互接種)することができます。

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会では、追加接種時に交互接種を実施した際の抗体価について上昇が良好であること、また、副反応に関しては、初回接種で報告されたものと同程度であり、交互接種と同種接種で差が無かったとの米国の研究内容が報告されました。

1回目 2回目 3回目 抗体量の上昇率
モデルナ社製 モデルナ社製 モデルナ社製 10.2倍
モデルナ社製 モデルナ社製 ファイザー社製 11.5倍
ファイザー社製 ファイザー社製 ファイザー社製 20.0倍
ファイザー社製 ファイザー社製 モデルナ社製 31.7倍

「厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会」資料

質問:追加(3回目)接種はどのような順番で行われますか。優先すべき対象者はいますか?

【回答】

2回目の接種完了から5か月以上経過後、3回目の接種を受けることができます。なお、重症化リスクが高い方や、重症化リスクが高い方との接触が多い方、職業上の理由などによりウイルス曝露リスクが高い方は、特に接種をお勧めしています。

質問:初回(1回目・2回目)接種を海外で受けました。日本で追加(3回目)接種は受けられますか?

【回答】

日本で接種が進められている、ファイザー社製、武田モデルナ社製、アストラゼネカ社製、武田ノババックス社製のワクチンを海外で接種した場合、日本で追加(3回目)接種を受けることは可能です。

質問:2回目の接種後に引っ越しをしました。接種券は現在住んでいる自治体から送付されますか?

【回答】

2回目の接種完了後、住民票所在地が変更となった場合、3回目接種用の接種券は送付されません。申請が必要になりますので、現在住んでいる自治体に3回目接種券(再)発行申請を行ってください。(3回目接種後に転入された方の4回目接種券も同様となります)
各務原市に転入された方の申請方法は、下記ページをご覧ください。

質問:接種証明書アプリはどのようにインストールしたらよいですか?

【回答】

App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書」と検索して、インストールできます。App StoreまたはGoogle Playから検索すると、類似アプリがたくさんあり検索しにくいと思われる方は、デジタル庁のウェブサイトのQRコードから検索すると見つかることがあります。

質問:接種証明書アプリでの接種証明書には何が必要ですか?

【回答】

マイナンバーカード、マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)、パスポート(海外用を発行する方)が必要になります。

質問:従来の接種済証、接種記録書の写しは接種証明書として使えますか?

【回答】

国内では、『接種済証(「接種券」右側の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」)』や『新型コロナワクチン接種記録書』だけでなく、その写しや撮影した画像もご利用いただけます。引き続き大切に保管してください。

質問:4回目接種の対象は誰ですか。またいつから接種できますか?

【回答】

3回目接種完了から5か月が経過した方です。ただし、接種日時点で60歳以上の方、または18歳~59歳で基礎疾患のある方(その他重症化リスクが高いと医師が認めた方)が対象となります。
7/22から、新たに18歳~59歳の医療従事者または高齢者施設等従事者も対象になりました。

質問:「4回目接種券発行申込のご案内」(5/31発送)というハガキが届きましたが、どうすればいいですか?

【回答】

令和4年3月末までに3回目接種を完了した18歳~59歳の方にお送りしているものです。
18歳~59歳の方は基本的には接種対象外となりますが、基礎疾患がある方は接種をすることが出来ます。
基礎疾患があり接種を希望する場合は、はがきに記載のあるコールセンターまたは市ウェブサイトから接種券の発行申込みをしてください。後日、3回目接種から5か月が経過する頃に接種に必要な接種券を送付します。
 

質問:基礎疾患があることを証明する書類がいりますか?

【回答】

そのような証明は求めていないため、接種券は自己申告に基づいて発券します。
ただし、接種当日の予診医師が基礎疾患または重症化リスクがないと判断した場合、接種の対象外となり、接種できない可能性があります。

質問:「4回目接種券発行申込のご案内」の申込み期間【6/15】を過ぎてしまいましたが?

【回答】

申込期限を過ぎてしまった場合はQRコードが無効になるだけで、申込みは引き続き出来ます。
申込みされる場合は、下記の申込みフォームからお進みください。

質問:4回目の接種券はいつ届きますか?

【回答】

○60歳以上の方
3回目接種完了から5か月が経過する頃に順次発送しております。
具体的な発送スケジュールは下記リンク先に掲載してあります。
○18歳~59歳の方
基礎疾患がある方または医療従事者等で4回目接種を希望する場合は、市コールセンター(058-215-8702)または下記申込みフォームから接種券発行申込みをしてください。申込みに応じて順次発送します。
(3回目接種完了から5か月が経過する以前に申し込んだ場合は、5か月が経過する頃まで発送できません)
 

質問:4回目の接種券が届きましたが、予約はどのようにすればよいでしょうか?

【回答】

集団接種会場は少ないので、市内約60カ所の医療機関が実施する個別接種をご予約ください。1~3回目接種の種別(個別接種or集団接種)は問いません。

質問:なぜ集団接種会場が少なく、個別接種ばかりなのでしょうか?

【回答】

これまでと比べると4回目の接種対象者数は少ないことから、大人数の接種を可能とする集団接種会場の開設日は1~3回目より少なくなっています。
また、4回目の接種対象者はご高齢の方や基礎疾患をお持ちの方となることから、身近で通いなれたかかりつけ医で接種する方が利便性が高いため、主に個別接種で実施します。
 

質問:ワクチンの種類は選べるのでしょうか?

【回答】

集団接種はモデルナ社製ワクチンを使用し、個別接種はモデルナ社製またはファイザー社製のワクチンを使用しますが、国からのワクチン供給状況の関係で主にモデルナ社製ワクチンを使用します。詳しくは予約される医療機関にお尋ねください。
 

質問:ファイザー社製ワクチンと比べ、モデルナ社製ワクチンは副反応が強いイメージがありますが、大丈夫なのでしょうか?

【回答】

モデルナの3・4回目接種は、初回接種(0.5ml)の半分の量(0.25ml)となるため、初回接種に比べて発熱や疲労などの副反応が少なくなっています。
ワクチンの有効性や安全性について更にお知りになりたい場合は厚生労働省のコールセンター(0120-761770 9時~21時 土日祝日可)へお電話頂ければと思います。
 

質問:4回目接種ではなく、1~3回目の接種がしたいのですが。

【回答】

現在は、主に4回目接種の方をご案内していますので、1~3回目接種会場数には限りがあります。そのような事から、誠に申し訳ございませんが、何とかご都合をつけて頂き、該当の集団接種(月2回程度を予定)をご予約頂ければと思います。なお、個別接種でも可能な場合がありますので、かかりつけの医療機関がある場合は一度そちらにご相談ください。

ワクチン接種についての質疑応答は厚生労働省のウェブサイトの質疑応答ページ(下記URL)もご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

各務原市コールセンター(平日 午前9時~午後7時)
電話:058-215-8702 【注】おかけ間違いにご注意ください