よくある質問

ページ番号1011164  更新日 令和5年1月12日

印刷大きな文字で印刷

接種全般について

質問:接種は義務ですか?任意ですか?

【回答】

接種は義務ではありません。

接種を受ける方には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただきます。
受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な取り扱いをすることのないようお願いします。

質問:何歳からワクチンを接種できますか?

【回答】

初回(1回目・2回目)接種は、0歳6か月の誕生日の前日から接種することができます。ただし、接種時に15歳以下の方は保護者の付添と予診票に保護者の署名が必要となります。年齢によって、接種する回数やワクチンの種類が異なりますので、詳細は下記をご確認ください。

質問:ワクチンを受けられないのはどのような人ですか?

【回答】

一般に、以下の方はワクチンを受けることができません。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けてもよいか、かかりつけ医や当日の接種前の診察の際にご相談ください。
・明らかに発熱(37.5℃以上)している人
・重い急性疾患にかかっている方
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往歴がある方 等

質問:ワクチンを受けるのに注意が必要な人はどのような人ですか?

【回答】

一般に以下の方はワクチンを受けるに当たって注意が必要です。ご自身が当てはまると思われる方は、ワクチンを受けてもよいか、かかりつけ医にご相談ください。
・過去に免疫が不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全の方がいる方
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
・過去にけいれんを起こしたことがある方
・ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれがある方

質問:妊娠中でも接種できますか?

【回答】

妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されている新型コロナワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。妊娠中の時期を問わず(主治医に相談の上)接種をおすすめします。

質問:コロナワクチンと他のワクチンは同時に接種することができますか?

【回答】

インフルエンザワクチンに限り、同時に接種することができます。その他のワクチンについては、前後2週間以上の間隔が必要です。 

質問:ワクチン接種で中学校を欠席や早退する場合の取り扱いはどうなりますか?

【回答】

各務原市立の中学校では、ワクチン接種のために登校していない生徒は「出席停止」となり欠席扱いにはなりません。また、ワクチン接種のために早退する場合は、お子様の不利益につながらないように「出席停止」または「出席」扱いとします。詳細は学校にお問い合わせください。

ワクチンについて

質問:どの種類のワクチンが最も効果がありますか?

【回答】

ワクチンの薬事承認にあたっては、有効性や安全性を慎重に審査します。今後、承認を得たワクチンはいずれも一定以上の効果があることになります。ワクチンの有効性などについての情報は、厚生労働省のウェブサイトなどにも詳しく記載されています。

質問:使用するワクチンの種類を教えてください。

【回答】

初回(1回目・2回目)接種はファイザー社製(従来ワクチン)を使用します。追加(3~5回目)接種は、集団接種ではモデルナ社製またはファイザー社製(いずれもオミクロン株対応ワクチン)、個別接種ではファイザー社製(オミクロン株対応ワクチン)を使用します。ただし、国からの供給の状況によって変更する場合があります。また、接種回数、年齢によって使用できるワクチンが異なりますので、詳細は下記をご確認ください。

質問:初回(1回目・2回目)接種したワクチンと違う種類のワクチンを、追加(3~5回目)接種してもよいですか?

【回答】

追加(3~5回目)接種では、初回(1回目・2回目)接種とは異なる種類のワクチンを接種(交互接種)することができます。※5~11歳の方の追加接種についてはファイザー社製ワクチンのみとなります。

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会では、追加接種時に交互接種を実施した際の抗体価について上昇が良好であること、また、副反応に関しては、初回接種で報告されたものと同程度であり、交互接種と同種接種で差が無かったとの米国の研究内容が報告されました。

副反応について

質問:副反応とは何ですか?

【回答】

予防接種の後に、熱が出たり、気分が悪くなったり、はれたり、しこりがでたりすることがありますが、そのほとんどが2~3日で自然に消えてしまいます。このような好ましくない変化を副反応と言います。

質問:副反応が出たときはどのように対応したらよいですか?

【回答】

ワクチンによる発熱等は接種後1~2日以内に起こることが多く、ほとんどが接種後数日で回復するといわれています。必要な場合は解熱鎮痛剤を服用いただくなどして、様子をみてください。このほか、ワクチン接種後に比較的起きやすい症状としては、頭痛、疲労、筋肉痛、悪寒(さむけ)、関節痛などがあります。ワクチンを受けた後、2日間以上熱が続く場合や、症状が重い場合には、かかりつけ医かワクチンを接種した医療機関、または岐阜県ワクチンコールセンター(058-272-8222)へ電話でご相談ください。また、副反応による健康被害救済制度も設けられています。詳細は下記をご確認ください。

接種予約について

質問:予約せずに接種を受けることはできますか?

【回答】

必ず事前に予約が必要です。

ワクチンは、それぞれ適正温度で厳密に管理する必要があり、解凍や希釈した後の使用期限もそれぞれ限られています。国から市へ供給されるワクチンを無駄なく計画的に接種する必要があるため、ご理解とご協力をお願いいたします。

質問:コールセンターまたはインターネットから予約した内容を修正・取下げるにはどうしたらよいですか?

【回答】

各務原市コールセンター(058-215-8702)にて承ります。体調不良等によりやむなく当日キャンセルする場合は、新型コロナウイルスワクチン接種対策室(058-383-7297)になるべく早く連絡をお願いします。

接種方法について

質問:初回(1回目・2回目)接種はどこでできますか?

【回答】

個別接種(市内医療機関)で接種ができます。詳細は下記をご確認ください。

質問:追加(3~5回目)接種はどこでできますか?

【回答】

集団接種または個別接種(市内医療機関)で接種ができます。詳細は下記をご確認ください。※9月末より従来ワクチンからオミクロン株対応ワクチンに切り替え、接種を実施しています。 

質問:オミクロン株対応ワクチンは、何回接種するのですか?

【回答】 

現時点では、ファイザー社製、モデルナ社製いずれのワクチンも、1人1回の接種となっています。

質問:各務原市に住民票がありますが、市外でも接種できますか?

【回答】

原則、住民票所在地(住所地)の市町村で接種をします。

ただし、市内に住民票があるが、実際は市外にお住まいの方(単身赴任者や下宿している学生など)は、市外でワクチンを接種できる場合がありますので、実際にお住まいの市町村の窓口にお問い合わせください。

質問:かかりつけ医が市外にありますが、市外のかかりつけ医で接種できますか?

【回答】

基礎疾患のある方は、市外のかかりつけの医療機関で接種を受けることができます。

かかりつけの医療機関が接種を実施するかどうかは、直接、医療機関へお問い合わせください。

質問:市外に住民票がありますが、各務原市で接種をすることはできますか?

【回答】

やむを得ない事情により接種を希望される方は、住所地外接種届を提出することにより、接種が可能です。詳細は下記をご確認ください。 

接種券について

質問:接種券を無くしてしまいました。どうしたらよいですか?

【回答】

再発行が可能です。
各務原市ワクチンコールセンター(058-215-8702)にご連絡いただくか、下記窓口にお越しください。

新型コロナウイルスワクチン接種対策室(各務原市那加桜町2丁目186番地(産業文化センター8階))

質問:各務原市から他市へ引っ越しをしました。接種券は現在住んでいる自治体から送付されますか?

【回答】

未接種または1~4回目の接種後、住民票所在地が変更となった場合、次回接種用の接種券は送付されません。申請が必要になりますので、現在住んでいる自治体に接種券(再)発行申請を行ってください。
各務原市に転入された方の申請方法は、下記をご確認ください。

質問:各務原市に転入しました。転入前の自治体から発行された接種券はそのまま使えますか?

【回答】

使用できません。接種する際は、接種日時点で住民票がある自治体から発行された接種券が必要ですので、接種券の(再)発行申請をしてください。詳細は下記をご確認ください。

接種証明書(ワクチンパスポート)について

質問:海外に行くため、ワクチンパスポートを発行してほしいがどうしたらよいですか?
質問:国内用の接種証明書を発行してほしいがどうしたらよいですか?

【回答】

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)および国内用の接種証明書の発行については下記をご確認ください。

質問:接種証明書アプリはどのようにインストールしたらよいですか?

【回答】

App StoreまたはGoogle Playで「接種証明書」と検索して、インストールできます。App StoreまたはGoogle Playから検索すると、類似アプリがたくさんあり検索しにくいと思われる方は、デジタル庁のウェブサイトのQRコードから検索すると見つかることがあります。

質問:接種証明書アプリでの接種証明書には何が必要ですか?

【回答】

マイナンバーカード、マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)、パスポート(海外用を発行する方)が必要になります。

質問:新しい接種記録は接種証明書アプリに自動で反映されますか?

【回答】

自動では反映されません。接種後に再度マイナンバーを読み取り、更新する必要があります。なお、接種記録は、医療機関または市における登録作業が完了してからアプリに反映されますので、お時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。 

質問:従来の接種済証、接種記録書の写しは接種証明書として使えますか?

【回答】

国内では、『接種済証(接種券の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」)』や『新型コロナワクチン接種記録書』だけでなく、その写しや撮影した画像もご利用いただけます。引き続き大切に保管してください。

質問:「接種済証」を発行してほしいがどうしたらよいですか?

【回答】

職域接種をした場合:接種の際に発行される「新型コロナワクチン接種記録書」が接種済証として国内でご利用いただけます。

接種券で接種した場合:接種券の「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)」が接種済証として国内でご利用いただけます。接種済証を再発行するためにはお時間を要することがあります。接種後も接種券を大切に保管してください。

※どちらも、ワクチンを接種する際に、ロット番号が記載されたシールを貼り付けてもらってください。

その他

質問:海外でワクチン接種をしました。日本で追加接種は受けられますか?

【回答】

海外で接種したワクチンの種類、回数によっては、日本で追加接種が受けられる場合があります。詳細は下記をご確認ください。

参考

ワクチン接種についてのQ&Aは、厚生労働省ウェブサイトにも掲載があります。下記をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

各務原市コールセンター(平日 午前9時~午後7時)
電話:058-215-8702 【注】おかけ間違いにご注意ください