第一工科大学との連携・協力に関する協定締結式を開催(5月23日)

ページ番号1015066  更新日 令和4年5月23日

印刷大きな文字で印刷

市は、学校法人 都築教育学園 第一工科大学と、人材育成や産業振興などの連携・協力に関する協定を締結しました。

さらなる人材育成・産業振興に向けて

オンライン締結式での、浅野市長と都築学長

市は、人材育成および産業振興並びに地域の活性化に寄与することを目的として、第一工科大学と連携・協力に関する協定を締結しました。1968年に設立された同大学は、鹿児島県霧島市に本部を置き、航空工業学部と工学部の2学部5学科を有する工業系の大学。この協定により、市内の高校生の受け皿になることや、雇用に関して工業系の人材が確保されることが期待されます。

この日、新型コロナウイルスの感染対策のため、オンラインで協定の締結式が行われました。第一工科大学の都築明寿香・学長は「各務原市から本大学へ。本大学から各務原市へ就職。というような流れを活発にしていきたい」とあいさつ。浅野市長は「市では雇用に関して、工業系の学生の人材確保が一つの課題です。そのため今回の協定は大変頼もしいです」と期待の思いを述べました。

このページに関するお問い合わせ

企業人材全力応援室
電話:058-383-7236
商工振興課 企業人材全力応援室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。