市内の寺院がマスク500枚、消毒液を寄贈(4月8日)

ページ番号1007819  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

鵜沼地区にある真伝不動明王寺の住職、前田和慧さんが、市にマスク500枚と消毒液を寄贈しました。

新型コロナウイルス対策のお役に立てれば

住職からマスクを受け取る写真

今回の寄贈は、真伝不動明王寺の住職、前田和慧さんからの申し出によるもの。この日、市の鷲主英二・健康福祉部長らが同寺を訪問し、同寺が保有するマスク250枚と手作りのマスク250枚、消毒液4リットルを受け取りました。寄贈にあたり、前田さんは「マスクを活用してもらい、皆さんに安心して過ごしてもらえればうれしいです」と話しました。

受け取った鷲主部長は「マスクは、市内保育施設で活用させていただきます。ありがとうございました」とお礼の言葉を伝えました。

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課 福祉総務係
電話:058-383-1358
福祉総務課 福祉総務係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。