市内企業がマスクを市に寄附(5月15日)

ページ番号1007832  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

大野町の株式会社ゼロスポーツが、市にマスク1万枚を寄附しました。

感染防止に活用してほしい

マスクを渡す中川代表取締役社長

株式会社ゼロスポーツは、市内で自動車パーツの販売やメンテナンスなどを行っています。今回、同社から「学校などの教育現場で感染防止に有効に活用してほしい」との申し出があり、マスク1万枚の寄附の申し出がありました。

この日、同社の中川貴行・代表取締役が市役所を訪問し、浅野市長に手渡しました。寄附にあたり、中川代表取締役は「学校教育が始まっていく中で、感染防止に広く活用してもらいたい」と話しました。

浅野市長は「市内小・中・特別支援学校で活用させていただきます。ありがとうございます」とお礼の言葉を伝えました。

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課 福祉政策係
電話:058-383-1127
福祉総務課 福祉政策係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。