市内企業が「足踏み式消毒液スタンド」を寄贈(3月3日)

ページ番号1010222  更新日 令和3年3月3日

印刷大きな文字で印刷

市内にある株式会社ニューテンサンが、自社製の「足踏み式消毒液スタンド」を市に寄贈しました。

新型コロナウイルス感染症の終息に向けて

自社の技術力を生かした「足踏み式消毒液スタンド」

株式会社ニューテンサンは、透析用チェアの製造販売や、バスなどの乗り物用シートのリフォームなどを行う企業。今回は、代表取締役の福西勤さんから「これまでお世話になった地域のために何か手助けになれば」と自社製の「足踏み式消毒液スタンド」10台の寄贈の申し出がありました。

この日、福西さんらが市役所を訪問し、足踏み式消毒液スタンドを寄贈しました。このスタンドは、消毒液ボトルの固定する高さが調整でき、錆びにくいなどの特徴があります。福西さんは、「自社の技術力を生かした商品を皆さんに利用してほしいです」と話しました。浅野市長は「ペダルが踏みやすく、手を使わないため安心して使用できます。今後、さまざまな場所で活用していきます。ありがとうございます」とお礼の言葉を述べました。

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課 福祉総務係
電話:058-383-1358
福祉総務課 福祉総務係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。