JAぎふ女性部蘇原市支部が新型コロナ対策に寄附(12月25日)

ページ番号1009404  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

JAぎふ女性部蘇原支部が、手作りの布マスク販売チャリティーで集まった金額の一部を市に寄附しました。

手作りマスクで感染防止に、感染対策に

市長に寄附を手渡しする写真

JAぎふ女性部蘇原支部では、女手作りの布マスクを、JA岐阜蘇原支店などで販売しています。今回、「感染症拡大防止に尽力している方々の手助けとなれば」と、この活動で集まった金額の一部を寄附する申し出がありました。

この日、横山京子・JAぎふ女性部蘇原支部長らが市役所を訪問。寄贈にあたり、横山京子さんは「女性部員で分担して、完成させたマスクの売り上げが少しでも役に立てると嬉しいです」と話しました。浅野市長は「心温まる寄附をありがとうございます。市をあげて新型コロナウイルス感染症の予防に取り組んでいく中で大切に活用させていただきます」とお礼の言葉を伝えました。
 

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課 福祉政策係
電話:058-383-1127
福祉総務課 福祉政策係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。