市内企業が、新たに製造した製品を寄贈(6月4日)

ページ番号1007843  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

蘇原野口町の岐阜化繊工業株式会社が、布マスク用の使い捨て交換フィルターを開発。同製品を市に寄贈しました。

市の窓口などで、活用してください

マスクとフィルターを手にした浅野市長らの写真

アパレル、産業資材、土木建築用などに不織布を製造している、岐阜化繊工業株式会社。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、自社でできることを検討し、布マスクの内側に入れて使用する交換フィルターを開発しました。

この日、同社の林ゆり・常務取締役が市役所を訪問。「皆さんに安全、快適に過ごしていただけるよう、このフィルターを開発しました。市の窓口でウイルス対策に役立ててほしい」と、フィルターとそれを入れるマスク100セットを寄贈しました。

浅野市長は、「現在は、さまざまな相談や申請などで、多くの方が市役所を訪れています。寄贈いただいたマスクなどを職員が身につけることで、来庁者の方に安心していただけます」とお礼の言葉を伝えました。

このページに関するお問い合わせ

産業政策室
電話:058-383-1697
産業政策室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。