市女性会議が手作りマスク400枚を寄附(5月1日)

ページ番号1007824  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

市女性会議が市に、手作りマスク400枚を寄附。同団体の役員らが市長に手渡しました。

今、私たちにできることを

マスクを渡す永井会長

市女性会議は、心豊かな社会を目指して、地域に密着して、みんなで支え合う活動をしている団体。現在は、新型コロナウイルスの影響で活動を自粛していましたが、「自分たちに何かできることはないか」と、マスク400枚を作りました。

この日、同団体の代表・永井紀美子さんら4人が市役所を訪問。「浴衣から生地を取ったりして、マスクを作りました。マスクが不足している方に使ってもらいたい」と浅野市長にマスクを手渡しました。浅野市長は、「ご寄附をありがとうございます。頂いたマスクは、市内福祉施設などで活用させていただきます」とお礼の言葉を伝えました。

このページに関するお問い合わせ

福祉総務課 福祉政策係
電話:058-383-1127
福祉総務課 福祉政策係へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。