「チョイソコかかみがはら」が出発!(10月1日)

ページ番号1007907  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

新たなデマンド型交通「チョイソコかかみがはら」の実証実験が、鵜沼地域の一部エリアでスタート。鵜沼各務原町のフェニックス総合クリニック駐車場で、出発式が行われました。

「チョイソコかかみがはら」がしゅっぱ~つ!

出発する「チョイソコかかみがはら」の車両の写真

「チョイソコかかみがはら」は、アイシン精機株式会社のAI配車システムを活用した、乗合送迎サービス。市は、同社と連携し、同サービスの実証実験を、令和4年9月30日までの2年間、鵜沼地域の一部エリアで実施します。

この日、同サービスのスポンサーであるフェニックス総合クリニックの駐車場で、チョイソコかかみがはらの出発式が行われました。浅野市長が「スポンサーや地域の方の理解と力添えで、出発することができました。今後、地域の皆さんが外に出るきっかけにしてもらいたい」とあいさつ。その後、テープカットが行われ、1台目の車両が出発しました。

鵜沼各務原町の安江育栄さんは、「免許を返納し、移動手段に悩んでいたので、このサービスはとてもありがたいです。これからも活用していきたいです」と笑顔を見せていました。

このページに関するお問い合わせ

公共交通政策室
電話:058-383-9912
公共交通政策室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。