公共交通機関に感染症対策ポスターを掲示(1月25日)

ページ番号1009391  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

市などで構成される市地域公共交通会議は、市内で運行する公共交通機関が実施している新型コロナウイルス感染症対策などを掲載したポスターを作成。ふれあいバスなどに掲示しています。

お客様に安心して利用いただけるように

ポスター掲示の写真

市内では、バスや鉄道、タクシーが運行しており、それぞれの事業者が車両や施設などの消毒や車内換気など、感染症対策を行っています。

これらの対策を知ってもらうとともに、マスクの着用や非接触での支払いを促すため、住民と交通事業者・行政などで構成される市地域公共交通会議が2枚の啓発ポスターを作成。市のコミュニティバス「ふれあいバス」の車内などに掲示しました。

ふれあいバスを管理する岐阜バスの担当者は「車内換気や運転席の透明ビニールシートの設置、定期的な消毒などを行っているので、お客様には安心してバスを利用してもらいたい」と呼びかけました。

このページに関するお問い合わせ

公共交通政策室
電話:058-383-9912
公共交通政策室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。