新たな賑わい創出施設の起工式が開催されました(7月26日)

ページ番号1007870  更新日 令和3年2月12日

印刷大きな文字で印刷

新しい賑わいを創出する公園施設、「KAKAMIGAHARA PARK BRIDGE(カカミガハラ パーク ブリッジ)」を建設する工事がスタートしました。
 

より元気な各務原へ

起工式で鍬をふるう市長の写真

民間資金を活用した都市公園の新たな整備・管理手法であるPark-PFI(パーク・ピーエフアイ)制度。今回、市として初めてこの制度を利用して施設を設置することになりました。

学びの森と市民公園の中間に建設されるこの施設は、県産木材をふんだんに使った延床面積980平方メートルの全天候型屋内施設で、来年3月に完成する予定です。

この日は、施主である各務原学びの森株式会社が主催した起工式が行われ、関係者らが出席しました。出席した浅野市長は、「その名の通り、公園をつなぐだけでなく、過去と未来、人と人もつなぐ施設となることを期待します」とあいさつしました。

このページに関するお問い合わせ

土地活用推進室
電話:058-383-7254
土地活用推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。